だしと発酵、暮らしとデザイン

丁寧で本物の日本の次世代の食生活を提案する、ライフスタイルWEBマガジン

だしについて

過ぎ去りし、うま煮定食

投稿日:

(写真はイメージです。)

25年くらい前の昔の話です。

私が通っていた高校は、それなりな進学校の割には自由な校風だったため、ちょっと学校を抜け出したりしてもそれほど怒られませんでした。そのようなわけで、ときどき昼休みに学校を抜けだしては、近所の中華料理屋さんにランチに行ったりしました。(親に作ってもらった弁当は2時限目にはすでに完食済み)

そのお店はいわゆる町の中華料理屋さん。支那そばにはナルトが入ってるようなお店で、主人が黙々と鉄鍋をふるって、奥さんが接客の切り盛りをします。こういう店、今はあまり見なくなりましたね。メニューは、ラーメンから定食まで、どれもうま味調味料が大量に入った料理ばかりだったのですが、親の弁当にはないパンチ、のどの奥に絡み付くようなえも言われぬケミカルなねっとり感、学食ともどこか違う、言ってみれば「シャバ」な味がしました。

となりの席では、昼から瓶ビールをあけている労働者、タバコを吸っている集団、黙々と食べるタクシーの運転手、笑っていいともが古いブラウン管から流れる空間。高校生の私にとってはちょっと大人の世界に背伸びしたようでよかったんだと思います。

もちろん、高校生ですから、自由にできるお金に限りはありましたので、しょっちゅう行けるわけではないですが、たまに今日はあそこの中華行っちゃおう!というときは、ワクワクしながら先生の目を盗んで校門を抜け出していました。

さて、そこのお店では、私はいつも決まって、「うま煮定食」を頼んでいました。

要は八宝菜みたいなものだとは思うのですが、そんな上等なものではなく、白菜と人参ともやしと豚肉と小さな海老が少々といった感じだったと思います。

いつも「うま煮」ってどういうことだろうと思いながら、食べていた記憶があります。「煮る」っていうほど煮てもいないし、炒め物というにはドロっとしてる。味も、醤油でもなければ味噌でもない、でもなんだかやたら絡み付く美味しさがある。「うま」って自分で名乗っちゃっているけど「私イケメンです」って言ってるみたいでダメな気もするし、なんだろうこれ、っていろいろ思いながらついついその「うま煮」を頼んでいました。

なんだか、くせになる美味しいさでした。

最近は健康志向なお店も増えましたし、私自身もあまりそういったお店に行くことも以前に比べたら減りました。でも、ときどきふと思い出したように、あのころ食べたケミカルなうまみにまみれた食事が懐かしくなることがあります。

丁寧に引いた出汁のうまみとは対極ですが、ストイックにやりすぎるのも続かない私ではあります。ときどき悪いものも食べたり飲んだりしながらも、ときどきちゃんと真面目で丁寧な食事も取り入れてというバイオリズムがあります。みなさんはどうですか?ヨーヨーマの無伴奏チェロも聞くけど、ビースティーボーイズも聞く、みたいな。いまの時代、食の選択肢が増えたとポジティブに思えればいいのかな。

ストイックさに憧れつつも、一途になりきれない中年男は、ふと初夏の生暖かい夜に思うのでした。

-だしについて

執筆者:

関連記事

かつお節を巡るエトセトラ 3 〜どれ買ったらいいの?

お店にいくと、かつお節っていろんな商品があって、どれを買ったらいいのかよくわからない!! そこで、今日は、なにがどうなってるのか、パッケージから見るかつお節を解説します。 いろいろあっても2種類しかな …

煮干しで作る八方白だし

最近は、白だしをよくスーパーで見かけるようになりました。確かに、料理に万能につかえて、茶色い色もつかないので、料理の見た目の邪魔をせずに旨味を足すことができるので、なかなか便利ではあります。私も時間が …

おからでお味噌作り♪

おからを使ってお味噌を仕込む。 なるほど、世の中にはいろいろなことを考える人がいるものだ。   今回は、だしソムリエ仲間であり、豆腐マイスター、みそソムリエ、野菜ソムリエ、おから再活プロデューサー、世 …

乾物を見直そう 〜五島三菜〜

巣篭もりの今だからこそ見直したい 巣篭もりして生きていくには、ある程度の食糧の備蓄というのは必要かと思いますが、それがカップ麺やレトルト食品でいいのかと言うと、これはどうもいけません。ただでさえ自宅待 …

【作り手物語】青森シャモロック節 〜グローバルフィールド〜

第四回目は、青森シャモロック節にスポットを当てます。実は最近鶏肉を使って鰹節のような節にする「鶏節」が密かなブームなのをご存知ですか? 魚臭さの無い出汁になるので(当たり前ですが)和食にとどまらず幅広 …

だしと発酵、暮らしに関するヒントをデザインの視点を交えてお届けします。

2021年7月
« 6月    
 1234
567891011
12131415161718
19202122232425
262728293031