だしと発酵、暮らしとデザイン

丁寧で本物の日本の次世代の食生活を提案する、ライフスタイルWEBマガジン

丁寧に暮らす

自作合わせ調味料の魅力

投稿日:

手前味噌や梅干し作りといった、日本の伝統的な調味料や保存食を自分の家で作るというのは、地方に住む方はもちろん、最近では都心に住む若い層にも広がりを見せて、コロナでおうち時間ということも相まって、ちょっとしたブームになっています。

自分でも味噌を作ってみたいな。って思ったことがある人は一人や二人ではないはずです。

そんな自家製調味料ももちろん素晴らしいし、美味しいのですが、私としては初心者の人にこそ、合わせ調味料を自作することをお勧めしたい。

合わせ調味料とは、「さしすせそ」の基本調味料を使ってそれらを組み合わせたり、出汁や柑橘などを加えてめんつゆやポン酢、焼肉のタレからナントカジャンといった、およそスーパーで売っているあらゆるタレ系を自分で作ってしまおうというもの。

実は基本調味料を自分で作るのは時間もかかるし、手間もかかる。さらにマンションなど気密性の高い住環境などで作る際には発酵がうまくいかなくて結局美味しく出来なかった。ショボーンということもしばしば。

そんなショボーンを一度でも体験してしまうと、もう二度とそういうことをやろうという気が起きなくなります。それはとっても勿体無いこと。

その点、合わせ調味料は基本的に合わせるだけ!

つまり完成品の基本調味料のおいしさを使ってさらに美味しくするという作業になるので、失敗が少なく満足度も高くなる傾向があります。

たとえば、出汁をガツンと効かせて濃厚な蕎麦つゆを作ると、市販のめんつゆではないような感動的なおいしさを味わうことができたりします。そしてもちろん完全無添加。使う材料は全て自分で選ぶわけですから、安心安全なのです。

(まあ、最近のユーチューバーとかで、無限ナントカの素みたいのを作るのに、うま味調味利用をガンガン使ったりするのも散見されますが、、まあ自分でやってみようっていう啓蒙としては良いので、ノーコメントにしておきます)

ということで、毎日出汁を取るのは面倒くさい。と言う方。

もちろんごもっともです。

なんなら、私も面倒くさいに一票入れます。

でも、ときどき一手間して、すんごい美味しいのがお家で味わえちゃうとしたら、その一手間はものすごく大事なこと。ときどきなんだから、まあ良いじゃん。我慢できるよ。

 

 ということで、今回はコラム的な内容となりましたが、

自作ナントカをするときの最初のステップとしては、合わせ調味料を作るということを強くおすすめしたいと思います。その上でだんだんそういうのが楽しくなってきたら、自宅で発酵させるなど上級編に進んでいくと良いんじゃないかなと思うわけです。

 

さてさて、そんなおうちでやってみるのハードルを下げるウェブサイト「Milsule(ミルスル)」を当ブログを運営するくらしとデザイン舎があります。この秋も楽しい企画が盛り沢山になります。

ぜひこちらも定期的にチェックしてみてくださいね!(なんだ、宣伝かよww)

http://milsule.com


-丁寧に暮らす

執筆者:

関連記事

玄米を美味しく炊きたい 2

さて、玄米を美味しく炊く挑戦シリーズ2回目の記事です。   前回、玄米が美味しくない理由として「匂い」「食感」「味わい」の三点をあげました。 「匂い」に関しては、炊くときに塩と酒を入れると糠 …

通信販売「おだし日和」のお知らせ

だしと発酵、暮らしとデザインでは、毎日を丁寧に暮らすことをより快適にするためのコトやモノを独自の視点で世の中に出して行きます。 まずは第一弾として、削りたての節を1回分ごとに小分けにした削り節と昆布の …

原木しいたけを想う

みなさんは原木しいたけと聞いてどんなことを思いますか? 普段そんなことを気にしたことはないと思いますが、実に魅力的なストーリーが詰まっている食材でもあるのです。   そもそもは高級食材であった いまで …

【白い誘惑】つい加速してしまう旨味への欲求

うまみ調味料のお話。 味の素を代表とするうまみ調味料は、いわゆる「化学調味料」と言われるもので、いまや表面上は多くの人から嫌悪されている存在。とくに出汁を自分で取っている人に取っては目の敵のような存在 …

【コラム】そこにお金を払うことは、将来自分たちがうまいものを食べるためでもある

今日は、ふたたび、かつお節のタイコウさんのお話。   ホンモノとニセモノ、あるいは、ホンモノらしく見えるニセモノ。 一般消費者にはよくわかりませんね。 もともと消費者は「損」をしたくありませ …

だしと発酵、暮らしに関するヒントをデザインの視点を交えてお届けします。

2024年5月
« 1月    
 12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728293031