だしと発酵、暮らしとデザイン

丁寧で本物の日本の次世代の食生活を提案する、ライフスタイルWEBマガジン

心地よいモノ 暮らしのTIPS だしについて 丁寧に暮らす

だしを濾す方法は何が良い? 2

投稿日:

みさなん、出汁取ってますか?

最近すっかり暑くなってきて、なかなか台所に立っているのも大変になってきました。

おだしを濾す作業も、楽しいのですが、手間といえば手間。そんなときに、今回は、ご家庭のデイリーな使い道のときに便利な濾し方をお伝えいたします。

ざるを二重に使うべし!

さあ、もう答えが出ていますが、そうなんです。ざるを二重にするだけで終了です。普通はキッチンペーパーやさらし布などをざるの上にのせて濾す作業をするのですが、実はご家庭で普段使いするようなお出汁の場合でしたら、実はざるを二重に重ねるだけでも全然いけてしまいます!

なんか、急にハードル下がった気がしませんか?

もちろん、ちゃんと濾したものに比べたら、細かい削り節の粉などはスルーしてお出汁にはいっちゃいますよ。でもね、そもそもお味噌汁とかですと解いたお味噌のカスだって下に沈んでいるわけですし、そもそも削り節そのものに栄養が満点なのだから、なんならむしろ食べちゃったほうが良いわけでして、あんまり難しく考える必要はないんです。 Odashi into the Sky! Take it Easy!

ということで、こんな感じで二重に用意をしますです。

そしてですね、お鍋に鰹節などをいれてお出汁を抽出しまして

ざざーっと入れてしまえば良いわけなんです。

これはですね、煮干しでも昆布でもなんでも大丈夫です。

ワイルドに入れたお出汁は、力強い美味しさが広がります。お出汁はその人の鏡です。丁寧に入れれば洗練されたお出汁に。ざざーっとやればそういうお出汁に。でもどっちもアリ。雑味も旨味。どういう方向のお料理をするかということで方法が決まってくるんです。

 

あ、ちなみに、洗練したお出汁をとりたい方には下記がおすすめです

https://shop.in-the-life.net/

本サイト初めてのオンラインショップです。

削りたての3種類の節を1回分ごとにフレッシュパック。受注生産だからいつでも美味しい。使いたいときに使う分だけ新鮮なお出汁を取れる。いまならさらし布プレゼント中です!

(ザルでざっくりやりましょうとお伝えしておきながら、真逆のおすすめですが、洗練したお出汁の際には絶対役に立ちます)

 

さあ、あなたもおだしライフ、始めませんか?

 

ていねいな暮らしは、そんなに難しくない。そして、毎日続けようと思うから続けられない!という筆者の気持ちをそのまま商品にしていますので、ときどきやってみよう!というときにちょうど良いものになっています。

最後は宣伝になってしまいました。。失礼しました。

-心地よいモノ, 暮らしのTIPS, だしについて, 丁寧に暮らす

執筆者:

関連記事

【作り手物語】青森シャモロック節 〜グローバルフィールド〜

第四回目は、青森シャモロック節にスポットを当てます。実は最近鶏肉を使って鰹節のような節にする「鶏節」が密かなブームなのをご存知ですか? 魚臭さの無い出汁になるので(当たり前ですが)和食にとどまらず幅広 …

【コラム】だしのある暮らし。

  だしのある暮らし。   なんとなく良い響き。ちょっとロハスな雰囲気なのかな? 丁寧な感じもしますね。 自分には関係ないですか? そうかな? 日頃せわしなく仕事や育児などで頑張っている現役世代にこそ …

【イベントのお知らせ】出汁 × 発酵 × 僧侶 in 鎌倉

  ワークショップのお知らせです 2019年7月7日に鎌倉のクレインポートにて開催のワークショップイベント「乾しいたけの底力」。 当ブログを主催する私山根も主催者の一人です。今回はこちらのイベント内容 …

おからでお味噌作り♪

おからを使ってお味噌を仕込む。 なるほど、世の中にはいろいろなことを考える人がいるものだ。   今回は、だしソムリエ仲間であり、豆腐マイスター、みそソムリエ、野菜ソムリエ、おから再活プロデューサー、世 …

【検証】水の硬度による出汁の出方の違い 〜かつお節〜

前回、軟水から硬水まで4種類の水を使って、昆布の出汁の出方を検証しました。 今回は、その昆布出汁を使って、かつお節を加えて合わせ出汁にして、どのように味わいに違いが出るのかをレポートします。 今回も、 …

だしと発酵、暮らしに関するヒントをデザインの視点を交えてお届けします。

2022年5月
« 12月    
 1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
3031