だしと発酵、暮らしとデザイン

丁寧で本物の日本の次世代の食生活を提案する、ライフスタイルWEBマガジン

発酵を考える 丁寧に暮らす

ぬか漬けDays 〜ビーツ

投稿日:

久しぶりのぬか漬けの記事です。

先日、北海道の巨大キャベツを料理するイベントのお手伝いをした際に、ボルシチを作った際に使い切れなかったビーツをいただきました。うーん、どうしたものか。自宅でボルシチを作るのはなかなか時間もかかるし何か良い方法ないかなぁと思って、ふと目線の端に見えた糠床にロックオンされました。

おう、その手があった。

久しぶりにやっちゃいますか!ぬか漬け!

最近は寒くなってあんまりぬか漬けもやらなくなりましたが、床は生き物なので、基本毎日コネコネしながら、絶やさずに続けています。時々2日くらい忘れていると、表面に粉雪のような産膜酵母がフワーッと広がっていて、ヤバイヤバイとコネコネしながら繋いできました。

ビーツ、どうでしょうねー。舶来の外人さんを日本の温泉につけるような気分で取り掛かりました、 Don’t worry, be happy!

まずは皮をむきましょう。

おお、、赤いねー。どこまでも赤い。

そして、とてもみずみずしく美しい。

しかし、行くのだ!糠の布団へ。

待つこと2日間。

さて、どうなったかな。

ドゥーン。

ぎゃー、糠が赤く染まっとるー。

フグの卵巣をも無毒化する実力の糠はビーツの襲撃には勝てなかったのか。。。

ああ、、、

ひとまず、ビーツ君をお皿に。。

かなり水分は抜けた印象で、クニクニしているので、よく漬かっている模様。うん、いけるはず。

よく洗ったあとに、繊維に対して縦と横に切り分けてみて、食感の違いも試してみましょう。

そして、実食。

ボリッボリッボリッ。

う、うん。。。

そだね。

ビーツだね。。。

そのー、ビーツ独特の土のような香りというんでしょうか。好きな人は好きな感じかなと思いつつも、食感は、かなり歯ごたえとコシのある沢庵のようで、健康のためなら頑張って食べましょうかね、ご主人。と言った感じ。さっと茹でてから漬けても良かったかもしれません。

なるほどなるほどー。ビーツっすねぇ。ビートジェネレーションですわー。シェルタリングスカイな気分。(何を言っているのか自分でもよく分からない)

つまり、お好きな人はどうぞ。ってやつです。はい。

それにしてもこの赤い色素、凄いです。もう何かいけないことをして殺めてしまったくらいな台所となったのでした。

みーたーなー!

-発酵を考える, 丁寧に暮らす

執筆者:

関連記事

そばつゆを仕込む会

イベントのお知らせです 「だしと発酵、暮らしとデザイン」の今年最後のイベントのご案内です。 南青山のティールームTe’Salaさんのご協力により、「南青山おだし倶楽部」という不定期のイベン …

【白い誘惑】つい加速してしまう旨味への欲求

うまみ調味料のお話。 味の素を代表とするうまみ調味料は、いわゆる「化学調味料」と言われるもので、いまや表面上は多くの人から嫌悪されている存在。とくに出汁を自分で取っている人に取っては目の敵のような存在 …

実はこわーい、産地表示

今日は魚の産地の表示に関して。 魚の産地って、水揚げされた漁港が産地として表示されているので、たとえば、日本海でとった魚を千葉の銚子で水揚げすれば、銚子産ということになってしまうのです。いちおう、水産 …

めんつゆを仕込む会 開催しました

  先日、目黒で開催した「めんつゆを仕込む会」参加者5名と私の合計6名で、こじんまりと午後の時間を使って仕込みました。   当初、全ての素材を最高峰のもので揃えて「美味しんぼ」でいうところの究極のめん …

醤(ひしお)を作る 2

約2週間前に仕込んだ醤(ひしお)が、ついについに完成しました! 毎朝1回、丁寧にかき回して中に空気をいれて、発酵が進むのを観察する日々はとても楽しくありました。ちなみにこの2週間は納豆も食べずに、また …

だしと発酵、暮らしに関するヒントをデザインの視点を交えてお届けします。

2022年7月
« 12月    
 123
45678910
11121314151617
18192021222324
25262728293031