だしと発酵、暮らしとデザイン

丁寧で本物の日本の次世代の食生活を提案する、ライフスタイルWEBマガジン

暮らしのTIPS

暮らしのTIPS 〜葡萄を買った時の保存の仕方

投稿日:

知っている人にとっては当たり前でも、知らない人にとってはなるほどと思えるようなことをお伝えするミニコーナー。暮らしのTIPSです。

今回は、ナチュラルパワーフード協会の安井先生から教わったTIPSをご紹介。

みなさん、葡萄を買った時にどのように保存されていますか?買ったら一房全部食べてしまうという方はさておき、私なんかは房の葡萄を買いましたら、もったいないので、何度かに分けてチビチビ楽しみます。そんな時に役立つ秘訣です。

聞くところによると、どうやら房のまま保存をしておくと、葡萄の甘さや美味しさが実から枝のほうに戻ってしまうそうなのです。なんだってー!?だから、このままに保存しておくと、どんどん美味しさが実から抜けていってしまうんだそうです。

そこで、買ったらまずすることは、全部枝から葡萄の粒を取ってしまうのが正解なのです。

方法は簡単、ハサミで一つづつ切っていきます。手でむしると身崩れしてしまいがちですから切るのはハサミにしましょう。

ハサミで切るとその度にちょっとした葡萄狩り気分を味わえるのもちょっと楽しいですし。

小さめのハサミの方が切りやすかったです。

こんな感じですね。ちょっとヘタの部分を残して切っていくと、食べる時にむきやすいです。

全部取りました。なかなかやってしまった感と達成感があります。

そうしましたらボウルに入れて水で洗います。

タッパーなどに入れれば完了です。

なるほど、たったこれだけで、ブドウの美味しさがいつまでも保てるんですね。

しかもこれのいいところは、ちょっとブドウが1〜2粒食べたいなあという時に、冷蔵庫からヒョイっと取ってそのままパクっと出来ることです。房のままですと、ついつい勢いでブチブチ取って食べてしまいがち。ちょっと食べるつもりが勢いづいていつのまにか全部食べちゃった、みたいな悲劇が起きにくくなります。つまり、結果的に一房を長く楽しめるということになるのです。

これは目から鱗でした。実際やってみたのですが、かなりオススメです。みなさんも今度葡萄を買った時には、ぜひこのようにして保存しておきましょう。

-暮らしのTIPS

執筆者:

関連記事

暮らしのTIPS 〜スイカの美味しい切り方

  知っている人にとっては当たり前でも、知らない人にとってはなるほどと思えるようなことをお伝えするミニコーナー。暮らしのTIPSです。 今回はスイカの美味しい切り方をご紹介。   スーパーなどで、よく …

暮らしのTIPS 〜乾しいたけは、一度日に当てよう

知っている人にとっては当たり前でも、知らない人にとってはなるほどと思えるようなことをお伝えするミニコーナー。暮らしのTIPSです。 今回は、乾しいたけです。   乾しいたけは、出汁の旨み素材として素晴 …

暮らしのTIPS 〜お酢で減塩

  知っている人にとっては当たり前でも、知らない人にとってはなるほどと思えるようなことをお伝えするミニコーナー。暮らしのTIPSです。 2回目は、お酢を使った減塩効果です。   一 …

【ヒゲと芯】とうもろこしご飯を炊こう!

とうもろこしが美味しい季節になりました。 つい最近までヤングコーンが売られていたと思ったのに、早いものですね。 さて、そんなとうもろこしの旬の季節におすすめのご飯をご紹介。 簡単で美味しいので是非やっ …

暮らしのTIPS  〜酸っぱいキウイは追熟させよう〜

新しく記事カテゴリーを立ち上げることにしました。 暮らしに関する、知っているとちょっと嬉しい役立つTIPです。 知っている人にとっては当たり前の内容でも、知らない人にとってはなるほどと思えるようなこと …

だしと発酵、暮らしに関するヒントをデザインの視点を交えてお届けします。

2024年7月
« 1月    
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031