だしと発酵、暮らしとデザイン

丁寧で本物の日本の次世代の食生活を提案する、ライフスタイルWEBマガジン

だしについて

【検証】水の硬度による出汁の出方の違い 〜かつお節〜

投稿日:

前回、軟水から硬水まで4種類の水を使って、昆布の出汁の出方を検証しました。

今回は、その昆布出汁を使って、かつお節を加えて合わせ出汁にして、どのように味わいに違いが出るのかをレポートします。

今回も、前回同様に温泉水、南アルプス天然水、エビアン、コントレックスです。

かつお節は1リットルに対して10gの削り節を用意しました。こちらも、昆布同様に部位による味わいの差を無くすために、40g削ったあとに、よく混ぜてシャッフルしました。

昆布出汁をそれぞれ火にかけ、一度沸騰させたのちに1分置いてから削り節を投入。

2分ほど静置。

さらしで濾しとります。

これで完成。

同じことを4回繰り返して作りました。

左から、温泉水、南アルプス、エビアン、コントレックスです。

今回は、なんとエビアンが一番透き通っています。

前回、ややアクが出ていたエビアンですが、沸騰させていくと、そのアクがさらに出て来て、泡状になり、かつお節を投入した後には、かつお節がそのアクを吸っていくかのように、みるみると透明になっていきました。コンソメスープを手作りしたことがある人は分かるかもしれませんが、途中で卵白を入れてアクを吸わせて濁りを透明にするという工程がありますが、まさに同じような光景がエビアンで起こりました。(うっかり、写真を撮り忘れてしまったのが心残りです)

かつてない透き通った出汁が取れて、ちょっと興奮。

 

では、テイスティングによる官能チェックに移りましょう。

まずは温泉水。

前回の出過ぎた昆布出汁の風味を引き継いでいるのか、まずくはないのですが、鰹の動物性の旨みのパンチがいまいち弱く、少々物足りない印象。口当たりはまろやかではあるのですが、なにかネムい。

うーん、65点。

次に、南アルプス。

温泉水よりもやや濁りが出ていました。しかし、香りは良く立っていて、口当たりも良く、なかなか美味しい鰹出汁。うんうん、80点。

しかし、濁りが少々出てしまったのは残念。温度帯が少々高過ぎたのか、あるいは、温泉水以上に鰹の成分がよく出る硬度だったのか。いずれにしても、鰹の成分が出ているような味わいがしました。たぶん、関西の人は、これが好きだと思います。

次に、エビアンです。

ご覧ください。この透明感!

まさに、黄金出汁といえる琥珀色の透き通った出汁が取れました。

そして、なにより、キリっとした口当たりが、動物性の旨みをよく出していて、とても美味しい。昆布のまろやかさは影に隠れましたが、ザ・かつお出汁を味わうなら、むしろこちらの方がいいのかもしれないとも思いました。これは濃口醤油によく合いそう。95点。

最後にコントレックスです。

こちらは、、、

まずいです。

昆布の段階からまずかったのをそのまま鰹でも引き継いで、まずいママでした。さすがにコントレックスは出汁には向かないですね。濁りもさらに悪化しているようでした。却下。

今回、とても興味深かったのが、昆布は南アルプスが一番だと感じたのに対し、鰹はエビアンが一番だと感じたことです。

動物性の料理には硬水が合うというのがまさに当てはまるのだなと実感。

そうなると、鰹出汁を楽しむ料理を作るときには、関東の場合には、水道水でも全然大丈夫なのかもしれません。無理にミネラルウォーターを買わなくてもいいのかも!?なんて思ってしまいました。(まあ、浄水器は通した方が良いですが)

硬度による出汁の違い、とても興味深かったです。あまりに極端な軟水や硬水は出汁には向きませんが、程よい軟水、硬水の領域では、出汁の出方が変わってくるので、昆布主体の出汁の料理にするなら軟水、鰹主体の出汁にするなら硬水が良いというのがわかりました。料理にあわせて水を使い分けられるならば、すごく面白いことになりそうだなあ、なんて思ってしまいました。

次回は乾しいたけでも試してみたいなと思いました。

いずれにしても水は、硬度以外にも、pHによる違い、水素水、炭酸水など、まだまだいろいろな尺度がありそうなので、きっとさらに奥深い世界があるように思います。少しづつ紐解いていけると面白いなと思います。

つづく。

-だしについて

執筆者:

関連記事

枕崎、鰹節をめぐる旅 〜捨てるところのない鰹〜

そろそろ枕崎の振り返りも終盤になってきました。 今回は、「鰹は捨てるところがない」ということをお伝えします。   よく鯨や羊は捨てるところがないと言われます。食肉だけでなく、あらゆる部位が何 …

白だしでざるうどん

最近、白だしっていうものをスーパーで良く見かけます。 醤油っぽい濃さがなく、出汁が効いてる感じでちょっと野暮ったくない感じが良いのかな? 白だしっていう定義はあんまりない気がするのですが、淡口醤油や白 …

煮干しで作る八方白だし

最近は、白だしをよくスーパーで見かけるようになりました。確かに、料理に万能につかえて、茶色い色もつかないので、料理の見た目の邪魔をせずに旨味を足すことができるので、なかなか便利ではあります。私も時間が …

だし素材に出会いたい 〜エソの煮干し〜

未だ見ぬ素材との出会いを求めて 日本全国津々浦々。狭い日本そんなに急いでどこへ行く。とはいえ、我が国は南北に大変長く、様々な地形があるため、気候風土は全然異なり、実に多様な食材と食文化が溢れているのは …

あごだしは、だし界のトップアスリート

乾物系の出汁は、脂分が少ない方が美味しい 一般的に、魚は脂が乗っている方が美味と言われがちですが、 出汁に関しては、脂分は酸化の原因になるので、なるべく脂が乗っていない魚の方が良い出汁が出ます。 鮮魚 …

だしと発酵、暮らしに関するヒントをデザインの視点を交えてお届けします。

2021年3月
« 12月    
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031