だしと発酵、暮らしとデザイン

丁寧で本物の日本の次世代の食生活を提案する、ライフスタイルWEBマガジン

発酵を考える 丁寧に暮らす

みそ、みそみそ、手前味噌♪

投稿日:

今日は手前味噌作りをしましょう。

 

味噌作りは、達人たちがたくさんいらっしゃると思いますので、あまり偉そうに能書きを書いても薄っぺらいものになってしまいそうなので、いちおう分量の配合など、備忘録を兼ねて記事にしておきます。

去年は、Y山師匠と、神楽坂で小倉ヒラクさんのワークショップでジップロックで味噌作りしましたが、今年はちゃんと樽でやりますよ。

 

ということで、今回は、

「米と麦のあわせ味噌」

をつくります。

レシピは下記のとおり

●米麹:300g

●麦麹:500g

●大豆:400g(煮上がり880g)

●塩:210g

●煮汁:250cc

 

では、はじめましょう

大豆は一晩水につけておきまして、

圧力鍋で20分ほど炊きます。

煮汁は後で使うので捨てないようにしましょう

親指と小指で大豆をつまんで、軽くつぶせるくらいの柔らかさになればOK

マッシャーでつぶしていきます。(手で潰しても大丈夫ですが、時間かかるし大変なので、こういう時は文明の利器が役立ちます)

別のボウルで麹と塩をよく混ぜこんでいきます。

大豆ペーストと麹をあわせます

よく揉み込んで

煮汁を足して、さらに揉み込みます。

耳たぶくらいの柔らかさを目指します。

混ぜ終わったら、握りこぶしくらいの、味噌玉を作って容器に投げ入れて空気を抜きます

トントントントンたたいて、空気を抜いていき、

最後に上から塩をまぶしてラップして、なるべく空気が入らないように整えます。

また、容器の淵についた汚れはきれいに拭き取り、腐敗の原因をせっせと排除。

あとは蓋をし、冷暗所において、数ヶ月寝かせれば出来上がり。

今回は2kg程出来上がります。

7月くらいに解禁かな。楽しみ楽しみ。

 

 

手前味噌の歌を歌いながら作れば、あっという間にできますね。

この歌、作り方の工程がちゃんと網羅されているので、この歌の通りやると間違いありません。

素晴らしい。さすがグッドデザイン賞を取っただけある。

それにしても味噌作りって意外と簡単ですよね。なんでいままでやらなかったんだろう。なんでみんなやらないんだろう。

麹作りから始めるとちょっと大変ですけど、麹さえ手に入ってしまえば、かなりハードル低いですよ。

仕込んだ後は基本は放置でOKだし。

 

 

今回、大豆や麹は福岡県糸島の醤油屋さんから取り寄せました。材料は全て国産なので、日々使うものを自分で作るというのは、そういう面でも安心ですね。

-発酵を考える, 丁寧に暮らす

執筆者:

関連記事

【イベントのお知らせ】出汁 × 発酵 × 僧侶 in 鎌倉

  ワークショップのお知らせです 2019年7月7日に鎌倉のクレインポートにて開催のワークショップイベント「乾しいたけの底力」。 当ブログを主催する私山根も主催者の一人です。今回はこちらのイベント内容 …

醤(ひしお)を作る 1

醤(ひしお)とはなんぞや、と聞きなれない言葉ですが、醤油も醤ですし、味噌も醤、魚醤も醤です。何なら塩辛も醤です。つまり麹と塩で穀物や肉や魚などを発酵させてペースト状あるいは液状にした調味料のことを「醤 …

ぬか漬けDays 〜乾しいたけ

いまひそかに、乾しいたけが熱い。(というのはまったく個人的な理由ではありますが) いずれにしても、いままで乾しいたけをぬか漬けにしたことは、意外にもありませんでした。 昆布を入れると美味しくなるとか、 …

ぬか漬けDays 〜ごぼう

ひさしぶりに、ぬか漬け記事です。 秋になり、旬の野菜は芋や栗キノコなど、あんまりぬか漬けに向かなそうな野菜が多くなりました。我が家でも、毎日の手入れは欠かさないものの、春〜夏の頃に比べると、ぬか漬け作 …

めんつゆを仕込む会 開催しました

  先日、目黒で開催した「めんつゆを仕込む会」参加者5名と私の合計6名で、こじんまりと午後の時間を使って仕込みました。   当初、全ての素材を最高峰のもので揃えて「美味しんぼ」でいうところの究極のめん …

だしと発酵、暮らしに関するヒントをデザインの視点を交えてお届けします。

2020年7月
« 6月    
 12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728293031