だしと発酵、暮らしとデザイン

丁寧で本物の日本の次世代の食生活を提案する、ライフスタイルWEBマガジン

おすすめレシピ だしについて

【美味しいよ!】昆布嫌い撲滅計画 〜その4

投稿日:

昆布が嫌いな人でも、美味しく昆布を食べられるアイデアを考えるレシピシリーズ第四弾。

今回は、身近にあるポップな食材を昆布とマリアージュして子供から大人まで、誰いでも食べやすい路線を探ってみようと思います。

題して、

 

「コーンブ」

 

です。

え、えーと、つまりですね、コーンと昆布をあわせまして、コーンブです。

のっけからダジャレでした。。。

 

しかし、気にせず行きましょう!

 

レシピです。

●コーン缶:1〜2缶

●スパム:1/2缶(好きなら1缶行ってください)

●切り昆布:気が済むまでいくらでも

 

以下、調味料等

●ニンニク:2カケ

●オリーブ油:大さじ2

●日本酒:大さじ2

●本みりん:大さじ2

●醤油:大さじ1

●砂糖:大さじ1

 

では、調理開始!

まずは、フライパンにオリーブ油とニンニクを投入して、油にニンニクの香りを移します。

ニンニクが程よく炒まったところで、戻しして刻んでおいた昆布を投入。

(今回は、竿前昆布長いの一本と、出汁ガラの真昆布10gを刻んで用意しました)

しばらく炒めた後、日本酒を加えて蒸し焼きに。こうすると、切れ目から昆布のヌメリが出てきて一気にしんなりしてきます。

しかし、昆布の難点は、どれくらいまで火を入れたら完成なのか、見た目ではよくわからないところ。

ときどきつまみ食いして、納得できる食感になっていればOKです。

コーンを加えます。(今回は缶詰が小さかったので2缶行っときました)

そして、スパムを短冊切りにしたものも加えて、さらに焼きを入れていきます。

全体的に火が通った感じになったら、味付けです。

今回は和食の基本、醤油、みりん、砂糖です。

最終段階は、手際よく一気に強火で炒めてフィニッシュに向かいました。

じゃじゃーん。完成!

「コーンブ」です!

 

うまそうだー。

いただっまーす。

 

もぐもぐもぐもぐ。

おいしい〜〜〜これは全くと行って良いほど、昆布独特の臭さがありません!

子供でも美味しく食べてもらえること間違いなし!

 

今回は、スパムを入れるという反則技も繰り広げましたので、美味しい要因がコーンだけではありませんが、それでも昆布とコーンのセット感はかなりの高得点です。

スパムが入ったことでちょっと沖縄料理っぽい感じにもなりました。

おもわず泡盛が飲みたくなります。

健康に良いんだか悪いんだかよくわからない料理ですが、

少なくとも昆布嫌いを撲滅するためのエントリー料理としては、なかなか良いのではないでしょうか。

 

みなさんも、ぜひ。「コーンブ」作ってみてくださいね。

 

つづく

-おすすめレシピ, だしについて

執筆者:

関連記事

コンビニ3社、カップ味噌汁対決!

さて、今日はコンビニで売られているカップ味噌汁を飲み比べて、また塩分濃度や裏面表示などの内容を確認することで、それぞれのコンビニの味噌汁を分析してみようと思います。 比較するのは下記味噌汁で同条件で比 …

非常時だかこそ見直したい、鰹節の魅力

2020年2月は新型コロナウイルスのニュースで持ちきりでした。そして、いまも現在進行形で感染拡大が懸念されており、全国各地で物資があるにも関わららず買い占め、買い溜めが起こっているという状況に陥り、2 …

【作り手物語】サメ節 〜田向商店〜

第三回目は、日本で唯一鮫の肉を使ってサメ節を作っている、田向商店の田向さんにお話を伺いました。一般的には食用において鮫といえばフカヒレのイメージくらいしかなく、そもそも鮫肉のことすら知りません。そんな …

【MOTTAINAI】出汁ガラだって食材にしたい 1

日頃、日常的に出汁を引くという方にはきっと共感を持ってもらえると思いますが、 出汁ガラの処理にはいつも悩まされます。 だって、捨てるの勿体無いじゃないですか。 出汁に栄養分は数パーセントしか溶け出して …

【だしとりレポート】うつぼ節

さて、前回記事よりスタートした作り手物語を終えて、今度は実際にうつぼ節を使ってお料理に実践してみて味わいを確かめてみます。今回は泉源の和田さんおすすめの「チゲ」と「とろろご飯」の2品を作って見ようと思 …

だしと発酵、暮らしに関するヒントをデザインの視点を交えてお届けします。

2020年7月
« 6月    
 12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728293031