おすすめレシピ だしについて

【美味しいよ!】昆布嫌い撲滅計画 〜その4

投稿日:

昆布が嫌いな人でも、美味しく昆布を食べられるアイデアを考えるレシピシリーズ第四弾。

今回は、身近にあるポップな食材を昆布とマリアージュして子供から大人まで、誰いでも食べやすい路線を探ってみようと思います。

題して、

 

「コーンブ」

 

です。

え、えーと、つまりですね、コーンと昆布をあわせまして、コーンブです。

のっけからダジャレでした。。。

 

しかし、気にせず行きましょう!

 

レシピです。

●コーン缶:1〜2缶

●スパム:1/2缶(好きなら1缶行ってください)

●切り昆布:気が済むまでいくらでも

 

以下、調味料等

●ニンニク:2カケ

●オリーブ油:大さじ2

●日本酒:大さじ2

●本みりん:大さじ2

●醤油:大さじ1

●砂糖:大さじ1

 

では、調理開始!

まずは、フライパンにオリーブ油とニンニクを投入して、油にニンニクの香りを移します。

ニンニクが程よく炒まったところで、戻しして刻んでおいた昆布を投入。

(今回は、竿前昆布長いの一本と、出汁ガラの真昆布10gを刻んで用意しました)

しばらく炒めた後、日本酒を加えて蒸し焼きに。こうすると、切れ目から昆布のヌメリが出てきて一気にしんなりしてきます。

しかし、昆布の難点は、どれくらいまで火を入れたら完成なのか、見た目ではよくわからないところ。

ときどきつまみ食いして、納得できる食感になっていればOKです。

コーンを加えます。(今回は缶詰が小さかったので2缶行っときました)

そして、スパムを短冊切りにしたものも加えて、さらに焼きを入れていきます。

全体的に火が通った感じになったら、味付けです。

今回は和食の基本、醤油、みりん、砂糖です。

最終段階は、手際よく一気に強火で炒めてフィニッシュに向かいました。

じゃじゃーん。完成!

「コーンブ」です!

 

うまそうだー。

いただっまーす。

 

もぐもぐもぐもぐ。

おいしい〜〜〜これは全くと行って良いほど、昆布独特の臭さがありません!

子供でも美味しく食べてもらえること間違いなし!

 

今回は、スパムを入れるという反則技も繰り広げましたので、美味しい要因がコーンだけではありませんが、それでも昆布とコーンのセット感はかなりの高得点です。

スパムが入ったことでちょっと沖縄料理っぽい感じにもなりました。

おもわず泡盛が飲みたくなります。

健康に良いんだか悪いんだかよくわからない料理ですが、

少なくとも昆布嫌いを撲滅するためのエントリー料理としては、なかなか良いのではないでしょうか。

 

みなさんも、ぜひ。「コーンブ」作ってみてくださいね。

 

つづく

-おすすめレシピ, だしについて

執筆者:

関連記事

煮干しで作る八方白だし

最近は、白だしをよくスーパーで見かけるようになりました。確かに、料理に万能につかえて、茶色い色もつかないので、料理の見た目の邪魔をせずに旨味を足すことができるので、なかなか便利ではあります。私も時間が …

枕崎、鰹節をめぐる旅 〜捨てるところのない鰹〜

そろそろ枕崎の振り返りも終盤になってきました。 今回は、「鰹は捨てるところがない」ということをお伝えします。   よく鯨や羊は捨てるところがないと言われます。食肉だけでなく、あらゆる部位が何 …

昆布が倒幕を助けた!かもしれない話。

先日、築地の昆布屋さんでいろいろ面白い話を聞けましたので、その一つをご紹介。 昆布が江戸時代から明治にかけて、倒幕を助けた!?かもしれないお話です。   もちろん直接的な話ではないのですが、 …

【ホンモノに会いに】かつお節のタイコウさんに行く

今日はかつお節のお話。 日本で一番美味しいと信じてやまないかつお節があります。それは、東京晴海のかつお節のタイコウさんが扱うかつお節。 何が違うかと言いますと、世に出回る多くは、巻き網漁で獲れた鰹節。 …

出汁を引こう! 〜基本の一番だし〜

出汁を引こう! いろいろな出汁を引く手順をご紹介するコーナー。 これを真似していただければ、みなさんも簡単に美味しい「だし」を引き出せますよ! 是非、真似してみてください。始めますね。   …

だしと発酵、暮らしに関するヒントをデザインの視点を交えてお届けします。

2019年6月
« 5月    
 12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930