だしについて

【コラム】だしのある暮らし。

投稿日:

 

だしのある暮らし。

 

なんとなく良い響き。ちょっとロハスな雰囲気なのかな? 丁寧な感じもしますね。

自分には関係ないですか? そうかな?

日頃せわしなく仕事や育児などで頑張っている現役世代にこそ、そんなだしのある暮らしはオススメ。だって、きっと一番疲れていて、癒されるべき人たちですから。

日頃の頑張りからほっと一息する美味しい時間。それがだしタイム。ティータイムやコーヒーブレイクとあまり変わらないんじゃないかな。

しかも、特別な器具もいらない。コツも基本さえ覚えてしまえば、そんなに難しくない。ちょっとお鍋にお水を張って、昆布をひとかけ入れまして、しばらく置いておく間に食材を切ったり別の作業をしたり。その後弱火でゆっくり温めて、鍋肌に気泡がつくころに、昆布はお箸で引き揚げて、火を強火にしたら、沸騰手前で鰹節をささっと投入。火を止めたらちょいとガマン。3分くらい?台所の鰹節のいい香りが家中に伝わる頃、ザルに濾して出来上がり。

さらし布やキッチンペーパーで濾せば綺麗なお出汁になりますし、日常のお料理なら、ざるで濾すだけでも全然良い。多少鰹節が残っていたって気にしない。食べたってむしろ栄養だもの。そんな気張らず適当に。

残った出汁ガラの昆布や鰹節は細かく刻んでフライパンで炒ってみりんと醤油で味付けすれば、簡単で無添加でおいしいふりかけも出来上がる。1度で2度おいしいし、一品増える。栄養も満点。

おだしがちゃんと効いたお料理は、塩分も少なくて大丈夫。いつもよりもちょっと薄めでも、満足度はけっこう変わらない。だから減塩にもつながる。

鰹節の香りは食事の満足感も高めて、食べ過ぎ防止にも繋がるし、疲労回復効果も。昆布の水溶性食物繊維は、食後の血糖値の上昇を穏やかにしてくれるし、腸のお掃除もしてくれる。トクホのサプリを飲むのときっと変わらない。というかむしろ天然素材だからこちらの方がずっと安心。

なんか、良いことだらけな気がするんです。

 

なんとなくちょっと憧れるけれど、まあ自分にはちょっと無理かな、きっと続かないと思っている方、多いんじゃないかなと思うんです。

わかります。

自分だってそうでしたから。

 

 

でも、全然大丈夫。

続けようと思うから「続ける自信がないから無理」とやる前から決めつけているだけかもしれませんよ。

やりたくないときは、別にやらなくてもいいんですって。

でも、ときどきの贅沢として知っておくと、それは日常の中でとっても「いい時間」になる。

 

ちょっと疲れた休日に、ちょっとだけがんばって出汁を引く。そんなことが週一でも、月一でもあると、きっと生活の質は豊になる。たくさんお金を払って外食をするよりもずっと良い時間になるはず。日頃の雑な食生活のミソギにもなる。ちょっとしたデトックス。

ほんの一手間。それが「一価値」になる。

 

 

「だしのある暮らし」いかがでしょうか。

 


そんなときに、このサイトのことを思い出してもらえると嬉しいです。

いろんなヒント。これからも発していこうと思います。

 

最近記事がアップできていないので、コラムでした。

(ポエム??)笑

-だしについて

執筆者:

関連記事

あの味を家でも再現したいなぁ その3

えー、本日の再現料理は、宮崎の郷土料理、「冷や汁」です。 以前、麻布十番に「まとや」という宮崎料理専門店がありまして、味と雰囲気が気に入ってよく行っていました。いまは、その店舗はなくなってしまったので …

【美味しいよ!】昆布嫌い撲滅計画 〜その2

昆布が嫌いな人のために、昆布が美味しく食べられるレシピをご紹介する第二弾。 今回は、カレー粉炒めです。   沖縄料理にクーブイリチーという、切り昆布をさつま揚げや豚肉、野菜と炒めた料理がある …

【イベントのお知らせ】出汁 × 発酵 × 僧侶 in 鎌倉

  ワークショップのお知らせです 2019年7月7日に鎌倉のクレインポートにて開催のワークショップイベント「乾しいたけの底力」。 当ブログを主催する私山根も主催者の一人です。今回はこちらのイベント内容 …

【コラム】うま味は、生き物最期の晴れ舞台だ

生きとし生けるものは、やがて必ずその命を終え、その体は土に帰って行きます。そのプロセスは「発酵」をともない分解されていきますが、同時に、「うま味」という特別な瞬間も作り出しています。   エ …

しいたけ出汁をひとさじ、3D出汁へ

今日は、しいたけ出汁が加わったときの出汁のイメージを図解してみようと思います。どういうことか、まあまあ、さっそくはじめて見ましょう。 まずは、塩を点と仮定したとします。 ここに醤油や味噌といった調味料 …

だしと発酵、暮らしに関するヒントをデザインの視点を交えてお届けします。

2020年2月
« 1月    
 12
3456789
10111213141516
17181920212223
242526272829