だしと発酵、暮らしとデザイン

丁寧で本物の日本の次世代の食生活を提案する、ライフスタイルWEBマガジン

だしについて 丁寧に暮らす

【美味しいよ!】昆布嫌い撲滅計画 〜その1

投稿日:

今日は昆布のお話。

 

筆者は、いまでこそ昆布は大大大好きですが、

出汁を自分で取るようになる前までは、実は、昆布を食べるのは嫌いでした。

なんというか、磯臭い匂いと独特の口当たりが如何とも受付け難く、オエっとなりました。

ですから、おせちの昆布巻きなんて拷問のようでしたし、おでんの結び昆布は罰ゲーム級に食べたくないものでした。

 

しかし、出汁を通して、昆布の奥深さと懐の広さを知れば知るほど、

昆布が好きになっていき、今では、出汁だけでなく、食べる食材としても食卓に欠かすことが出来ないものとなりました。

動物園でいうところの、象さんのような存在かもしれません。

もう、あなた無しには、居られない。

 

そんな経緯の私だからこそ、昆布があまり好きではない人に向けて、昆布の美味しさに気づいてもらいたいのです。

嫌いだった過去があるだけに、どこがイヤなポイントかというのもすごく分かるので、いかにあの部分を消して美味しい体験にできるのか、

それが、命題だと思っています。

 

ということで、1回目の記事は、食べる昆布としての代表格「昆布巻き」を、なんとか昆布の嫌な部分を感じないようにアレンジして、美味しくできないかというチャレンジです。

 

今回は、「長昆布」を入手しました。

(お正月のお節作りの余りですが)

この昆布、旨味成分は少ないので、出汁目的としてはほぼ使えないのですが、早く煮えて歯ごたえも柔らかいので、食べる目的ならばとて素晴らしい一品です。

昆布巻きや、結び昆布など、私が嫌いだった昆布に使われている昆布まさにそのものです。

同時に、フジッコの佃煮や居酒屋で出てくる塩昆布、駄菓子の酢昆布など、比較的美味しいと感じる昆布もこの昆布が原料であることが多いです。

つまり、調理の仕方によっては、まだまだ万人に向けて美味しくできる可能性があるのではないかと思っているのです。

 

では、始めましょう。

この昆布の秀逸なところは、水につけるとすぐに柔らかくなってくれることです。

出汁用の真昆布や利尻昆布だったら、写真のような状態になるのには、最低でも30分以上かかります。しかし、この昆布は2〜3分で柔らかく戻ってくれます。

ちなみにこの昆布を漬けた水には旨味生分はほとんどありませんので水は捨てました。

(今回は昆布嫌い撲滅計画なので、昆布らしい匂いを極力減らします)

戻して大きくなった昆布を正方形くらいに切りわけます。

水と酒と味醂で20分ほど炊きました。

最後に濃口醤油を加えて、佃煮風に。

そして、煮えて柔らかくなった昆布にスライスチーズをのせます。

昆布とチーズを交互に重ねてミルフィーユ状にしていきます。

そうして出来上がりましたのが、こちら、「チーズin昆布」です♪

暖かいうちは切り分けづらいので、冷凍庫に入れて半冷凍状態にしましてから適度な大きさにカットすると良いでしょう。

一口大にカットされた「チーズin昆布」。

前菜の一品として、見た目も、味わいも、かなり垢抜けた美味しさに出来上がりました!

 

食べてみますと、

チーズが挟まっているだけに、コクと旨味が相まって、日本酒はもちろん、ワインにもマリアージュしそうな美味しさです。

5年前の自分が食べたら、衝撃を受けていたに違いない。

たぶん、日本人の7割くらいの人は美味しいと言ってくれるような気がします。

 

しかし、昆布がすごくキライな人には、まだまだ昆布特有の香りが残っているのも事実でした。

このあたりの風味をいかにライトにしていけるか、

そこに、改良の余地があるように感じました。

 

しかし、いずれにしても、甘ったるくて垢抜けないイメージの「昆布巻き」を、かなりブラッシュアップできたような気がしました!

この調子で、さらに研究を重ねていけば、きっと98%の人が美味しいと感じてくれる昆布料理を作れるのではないかと思います。

 

まだまだ色々アイデアはあるので、今後記事化していければと思っています。

 

つづく

 

-だしについて, 丁寧に暮らす

執筆者:

関連記事

玄米を美味しく炊きたい 1

今日は玄米のお話。 我が家は日頃、玄米を食事に取り入れているのですが、正直なところ、あんまり美味しくはないんです。独特の香りや食感は、白米と比べてしまうとどうしても見劣りしてしまいます。なので、白米と …

【作り手物語】サメ節 〜田向商店〜

第三回目は、日本で唯一鮫の肉を使ってサメ節を作っている、田向商店の田向さんにお話を伺いました。一般的には食用において鮫といえばフカヒレのイメージくらいしかなく、そもそも鮫肉のことすら知りません。そんな …

【だしとりレポート】サメ節 2

前回レポートから随分と時間が経ってしまいましたが、話題のサメ節を実際に料理に使ってみての感想を私の独断と偏見で勝手にレポートするコーナーの第二弾です。前回は豚肉と野菜の煮込みを作って美味しさを堪能しま …

【検証】水の硬度による出汁の出方の違い 〜こんぶ〜

今回は、水の硬度の違いによって、おなじ素材で出汁の出方がどう変わるかの実験をしてみたいと思います。 用意したのは、4種類のお水。 硬度の低い順に ●鹿児島の温泉水 ●南アルプスの天然水 ●エビアン ● …

過ぎ去りし、うま煮定食

(写真はイメージです。) 25年くらい前の昔の話です。 私が通っていた高校は、それなりな進学校の割には自由な校風だったため、ちょっと学校を抜け出したりしてもそれほど怒られませんでした。そのようなわけで …

だしと発酵、暮らしに関するヒントをデザインの視点を交えてお届けします。

2021年1月
« 12月    
 123
45678910
11121314151617
18192021222324
25262728293031