だしと発酵、暮らしとデザイン

丁寧で本物の日本の次世代の食生活を提案する、ライフスタイルWEBマガジン

発酵を考える

ぬか漬けDays 〜キウイ

投稿日:2018年12月7日 更新日:

やってしまいました。

ついに、超えては行けない一線を超えてしまいました。

今回は、キウイのぬか漬けです。

前回の記事で酸っぱいキウイの素敵な攻略法を書いた後、どうにもたくさんありすぎるキウイをどうしたものかと考えたわけです。去年、一昨年などは、ジャムをつくったりしたのですが、まあ、それはまたやるにしても、もうすこしアレンジした何かをやってやりたい。ふと、足元のぬか床が視界に入りました。

「ま、まじで?」

心の中の自分が問いかけます。

「行っちゃう?行っちゃう?漬けちゃうの???」

悪魔のもう一人が答えます。

「フフフフ。何を恐れている。キウイだって同じ食べ物じゃないか!トマトだって美味しかったんだし、もしかしたら、すごく新しい世界が待っているかもしれないぞ」

「うううう、そ、そんなあ。だって、キウイっすよー。キウイ。美味しくなる気がしないっすよー」

「うるさい!この臆病者が!そんなことでは、ぬか床日本一にはなれないぞ!何があってもどんなものもぬかに漬けて生きて行くと誓ったあの夏はどこに行ったんだ!」

「は、はい! す、すみません!パイセン!私が間違っていました」

「そうだ!分れば良いんだ分れば!じゃあ、漬けるぞ!」

「お、お願いします!!」

という心の葛藤が繰り広げられました。

ああ、いいのかなあ。大丈夫かなあ。。。

おそるおそる。。いくよ、いくよ。。

とお!

ええい!埋めたれ〜〜〜!やぶれかぶれじゃー。パンパンパンパン!

こうして、キウイはぬかの深い森に沈んでいった。。

good luck!

1日後

ドゥーーーン。

おおおおおおお。。。。。。。

つ、漬かってるぅうう。。

若干緑色が色あせて、ぬかの香りがします。。

とりあえず、洗って、お皿。

ぱっと見はまごうことなきキウイ。。

しかし、これは糠漬け。

切ってみます。

うん、キウイです。

まだ気がつかない。

朝食に並んでいてもおかしくない。

では、

食べてみましょう。

・・・・

┏━━━━━┓
┃   / \  ┃
┃ /     \┃
┃ (゚) (゚)ミ  ┃
┃ 丿     ミ ┃
┃ つ   (  ┃
┃   )  (   ┃
┗━━━━━┛

ちーん。

まずいわ!

誰だ、美味しいかも、なんて言ったやつは!!

おえーーーーー!!

キウイの酸味と、ぬかの酸味が混ざり合い、

そして、キウイの香りがするのに塩っぱい。。

なんというか、脳が理解できない味

ものすごく混乱。

へんな汗が出て来ました。

これは、罰ゲームに良いかもしれません。

久しぶりに、まずいと思うものを食べた気がします。

全部食べられませんでした。ごめんなさい。キウイちゃん。

みなさん、食べ物で遊んではいけません。

チャレンジは続く。。(のか?)

-発酵を考える

執筆者:

関連記事

出汁を引こう! 〜発酵焼きあご

最近マイブームの素材を発酵させてからの出汁とり。 今日は、焼きあごを塩麹でつけ込んでやってみます。 【材料】 焼きあご:中3本 塩麹:大さじ1.5 昆布:10グラム 水:1.2リットル 【準備】 焼き …

おからでお味噌作り♪

おからを使ってお味噌を仕込む。 なるほど、世の中にはいろいろなことを考える人がいるものだ。   今回は、だしソムリエ仲間であり、豆腐マイスター、みそソムリエ、野菜ソムリエ、おから再活プロデューサー、世 …

ぬか漬けDays 〜ピーマン

暑い日が続きますね。 ぬか床は、キッチンの片隅に置いているのですが、さすがに30度を超えると、過剰発酵が心配になり、朝出かける前に冷凍庫からアイスノンを取り出して、ぬか床の蓋の上において上からタオルを …

【自然な甘さ】麹と小豆だけであんこ作り

今回は麹のデンプンを糖に分解する酵素の力を借りて、砂糖を使わずに小豆をあんこにします。 用意するもの ●あずき:200グラム ●米麹:200グラム ●塩:ひとつまみ えらいシンプルです。 まずは小豆を …

発酵食品を喰らう 〜鯖のへしこ〜

さて、今回は東京ではなかなかお目にかからない、郷土料理の発酵食品を食べてみます。 初回は、「へしこ」です。 これは、魚のぬか漬けでして、おもに若狭湾を中心とする日本海側の地域で食べられている発酵食品で …

だしと発酵、暮らしに関するヒントをデザインの視点を交えてお届けします。

2020年4月
« 3月    
 12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
27282930