発酵を考える 丁寧に暮らす

ぬか漬けDays 〜メロン

投稿日:

久しぶりに糠漬けトーク。

久しぶりとは言っても、毎朝晩世話は欠かさず、コネコネしていていまして、生活リズムの一部になっています。

胡瓜だのカブだの大根だのといったよくある野菜はしょっちゅう漬けているのですが、平凡すぎて記事にならないので、記事にしていませんでした。

さて今日は、この時期しか手に入らない漬物用のメロンです。

今の時期、スーパーに行くと、果物売り場にメロンがたくさん売っています。値段もこなれてきて、まさに旬といった感じですよね。

しかし、あまり知られていないかもしれませんが、野菜売り場に行くと、時々漬物用の小さいメロンが売っていることがあります。

これ、熟れる前の小さいメロンなので、全く甘くありません。大きさは野球ボールくらいな大きさです。

しかも、値段も安く、今日は2つで198円でしたので、即ゲットしました。

まずは、つけ込む前の下準備を始めます

半分にカットすると、もちろんメロンなので、真ん中に種がビッシリ入っています。

種は硬くて食べられないので、スプーンですくい取ります。

外側の皮も硬いので、皮もカットします。

要するに、普通にメロン食べるときと同じ感じに処理すればOKです。

これ、写真だけ見ると、小ぶりな美味しいメロンに見えますが、香りはどちらかというと胡瓜に近いというか青臭いです。不思議な感じ。

いざ、マイ糠床へ!

中に埋めたら、よーくよーく叩いて、空気を抜いて均します。

6時間後、糠床から取り出します。

この時期は気温が温かいのですぐに浸かりますよ。漬かり具合は両手で野菜を曲げてみて硬さがなくなっていればOKです。

冷蔵庫で糠漬けをやっている方なら、半日くらいで漬かるかなと思います。

ジャジャーン。完成です。

ああ、美味しい。早熟の青っぽさを糠の酸味と香りが中和して、白瓜よりも柔らかく、胡瓜とも違う、独特の美味しさがあります。

最近は、ハウス栽培などでいろいろな野菜が一年中買えますが、旬を意識する機会が少なくなりました。しかし、このメロンの漬物はこの時期ならではの味わいです。本当にこのわずかな時期しか出会えないものだと思います。青臭さ、食感、彩、全てが生き生きしています。

こういう旬の美味しさを楽しむ日々に幸せを感じられる生活を大事にしたいなと常々思います。

p.s.

糠漬けのハードルが高い人には、昆布茶を使ってビニールで揉み込むだけでも充分に美味しい浅漬けができます。

去年は浅漬けにして楽しみましたが、かなり良かったです。

もしスーパーで見かけたら、即買いしましょう。後でやっぱり欲しくなっても、1年待たないといけなくなってしまうかもしれませんよ!

-発酵を考える, 丁寧に暮らす

執筆者:

関連記事

【1年越しの夢】自家製醤油、解禁

ついにこの日を迎えました。 いまから、ほぼ1年前。 九州は糸島半島にある、醤油界の若きレジェンド「ミツル醤油」さんが東京に醤油作りのワークショップに来るという情報を入手し、これはなにがなんでも行かなく …

2018年、出汁への愛を語る

大晦日の今日、無事に年越しそばも堪能し、最後まで濃い出汁の一年でした。 せっかくなので、一年を総括してみようと思います。   思えば、出汁なんて、日本人なら誰しも慣れ親しんだ味わいですが、 …

実はこわーい、産地表示

今日は魚の産地の表示に関して。 魚の産地って、水揚げされた漁港が産地として表示されているので、たとえば、日本海でとった魚を千葉の銚子で水揚げすれば、銚子産ということになってしまうのです。いちおう、水産 …

【MOTTAINAI】出汁ガラだって食材にしたい 2

  「出汁ガラ」、その名の通り出がらしですから、味もしないし食感も硬かったりしてイマイチ。 しかし、栄養価は高いし健康にも良い。だから捨てるのはもったいない。 なので、美味しく食べられるなら …

ぬか漬けDays 〜プチトマト

気候も暖かくなって、糠漬けの旬、絶賛進行中。 我が家もせっせと糠漬けを作り続けています。 どうやら、聞いた話では、ヨーグルトに代表される動物性乳酸菌よりも、この糠漬けの植物性乳酸菌の方が、体にいいみた …

だしと発酵、暮らしに関するヒントをデザインの視点を交えてお届けします。

2019年6月
« 5月    
 12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930