だしと発酵、暮らしとデザイン

丁寧で本物の日本の次世代の食生活を提案する、ライフスタイルWEBマガジン

発酵を考える 丁寧に暮らす

ぬか漬けDays 〜メロン

投稿日:

久しぶりに糠漬けトーク。

久しぶりとは言っても、毎朝晩世話は欠かさず、コネコネしていていまして、生活リズムの一部になっています。

胡瓜だのカブだの大根だのといったよくある野菜はしょっちゅう漬けているのですが、平凡すぎて記事にならないので、記事にしていませんでした。

さて今日は、この時期しか手に入らない漬物用のメロンです。

今の時期、スーパーに行くと、果物売り場にメロンがたくさん売っています。値段もこなれてきて、まさに旬といった感じですよね。

しかし、あまり知られていないかもしれませんが、野菜売り場に行くと、時々漬物用の小さいメロンが売っていることがあります。

これ、熟れる前の小さいメロンなので、全く甘くありません。大きさは野球ボールくらいな大きさです。

しかも、値段も安く、今日は2つで198円でしたので、即ゲットしました。

まずは、つけ込む前の下準備を始めます

半分にカットすると、もちろんメロンなので、真ん中に種がビッシリ入っています。

種は硬くて食べられないので、スプーンですくい取ります。

外側の皮も硬いので、皮もカットします。

要するに、普通にメロン食べるときと同じ感じに処理すればOKです。

これ、写真だけ見ると、小ぶりな美味しいメロンに見えますが、香りはどちらかというと胡瓜に近いというか青臭いです。不思議な感じ。

いざ、マイ糠床へ!

中に埋めたら、よーくよーく叩いて、空気を抜いて均します。

6時間後、糠床から取り出します。

この時期は気温が温かいのですぐに浸かりますよ。漬かり具合は両手で野菜を曲げてみて硬さがなくなっていればOKです。

冷蔵庫で糠漬けをやっている方なら、半日くらいで漬かるかなと思います。

ジャジャーン。完成です。

ああ、美味しい。早熟の青っぽさを糠の酸味と香りが中和して、白瓜よりも柔らかく、胡瓜とも違う、独特の美味しさがあります。

最近は、ハウス栽培などでいろいろな野菜が一年中買えますが、旬を意識する機会が少なくなりました。しかし、このメロンの漬物はこの時期ならではの味わいです。本当にこのわずかな時期しか出会えないものだと思います。青臭さ、食感、彩、全てが生き生きしています。

こういう旬の美味しさを楽しむ日々に幸せを感じられる生活を大事にしたいなと常々思います。

p.s.

糠漬けのハードルが高い人には、昆布茶を使ってビニールで揉み込むだけでも充分に美味しい浅漬けができます。

去年は浅漬けにして楽しみましたが、かなり良かったです。

もしスーパーで見かけたら、即買いしましょう。後でやっぱり欲しくなっても、1年待たないといけなくなってしまうかもしれませんよ!

-発酵を考える, 丁寧に暮らす

執筆者:

関連記事

【自然な甘さ】麹と小豆だけであんこ作り

今回は麹のデンプンを糖に分解する酵素の力を借りて、砂糖を使わずに小豆をあんこにします。 用意するもの ●あずき:200グラム ●米麹:200グラム ●塩:ひとつまみ えらいシンプルです。 まずは小豆を …

【コラム】自然災害と発酵食品ブーム

大きな災害が起こると、その後には必ず発酵食品がブームが来ると言われています。   たとえば、大正時代、関東大震災の後には信州味噌がブームにが起こりました。先だっての東日本大震災の後は、麹を筆頭にあらゆ …

ぬか漬けDays 〜トウモロコシ

さて、前回プチトマトで甘みと旨みが凝縮しておいしくなった経験を踏まえ、今日はトウモロコシを漬けてみようと思います。 程よく水分が抜ければきっと美味しさアップのはず。 事前にネットで調べると、トウモロコ …

醤(ひしお)を作る 3

そういえば、以前作った自家製発酵調味料の醤(ひしお)。その後どうなったかといいますと、 若干、放置気味でときどき思い出すと混ぜる、というようなことをして日々が過ぎていきました。何度か冷奴にかけて食べた …

【口の中は交響曲】自家製キムチの魅力

キムチ。 美味しいですよね。焼肉屋さんでは欠かせないですし、日常でも豚キムチとか、キムチ鍋とか、なんだかんだ馴染み深いものがあります。 今回、鎌倉の出汁友のLEEさんのお誘いで、キムチ作りのワークショ …

だしと発酵、暮らしに関するヒントをデザインの視点を交えてお届けします。

2024年6月
« 1月    
 12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930