だしと発酵、暮らしとデザイン

丁寧で本物の日本の次世代の食生活を提案する、ライフスタイルWEBマガジン

だしについて

【どうかな?】昆布は切り方で出汁の味は変わる?

投稿日:

出汁の取り方って、人によって温度も時間も出し方も言うことがまちまちで、何が正解なのか戸惑ってしまうことがあります。それが出汁を難しく思わせているハードルのひとつだと思いますが、いままで横並びで検証された話や記事は見たことがないので、ならば私がやってみて、何か解答らしきものをお伝えできればと思い、実験してみることにしました。

まず1回目は昆布です。

今回は500ccの水に対して5gの昆布を用意。昆布は道南真昆布、天然、1年熟成。部位によりばらつきをおさえるため、真ん中近辺を使用。

下記のような状態を用意しました

1. カットなし

2. ミルミキサーで粉末にしたもの

3. 繊維に沿って縦にちぎったもの

4. 繊維に垂直にハサミで切り込みを入れたもの

です。

おそらく考えうるパターンはこんな感じかと。

それぞれ30分水につけまして

ごく弱火で10分煮出します。

(粉末はお茶パックに入れて煮出しました)

時間になり昆布を取り出した後、一度さっと煮沸して完成とします。

さあ、評価していきましょう。

下記写真は同じ露出、シャッタースピード、ISO感度、ホワイトバランスで撮りました。

淡い色で分かりづらいですが、若干の色の濃さに違いがあります。

1 < 3 < 2 < 4の順番で色が濃くなっていっていました 。つまり、横に切ったのが一番濃くなりました。

では、官能チェックをしていきましょう。

スプーンですくって一口すすり、よく味わって、水を飲み、次をすする、ということをしていきました。

おそらく個人差もかなりあるところですが、ひとまず私と家族の感想をまとめました。

1. カットなし

・スッキリした味わい

・さらりとした口当たり

・昆布の臭みは一番少ない

・他の食材を引き立てるであろう控えめな主張

2. ミルミキサーで粉末に

・やや雑味を感じる

・口当たりはすっきり感の後に粘りが残る

・昆布の臭みは程よくある

・コクの強い食材には合いそう

3. 繊維に沿って縦にちぎったもの

・上品な味わい

・さらり感と粘りのバランスが良い

・嫌な香りがなく、むしろ昆布の良い香りが出ている

・どんな料理にも合いそうな旨味がある

4. 繊維に垂直にハサミで切り込みを入れたもの

・ねっとり感がすごい

・昆布の臭みが出ていて、これが嫌いな人には敬遠されそう

・雑味は少なく、軟水のような口当たり

・ねっとりは、よく言えば甘みやコクに感じられる

以上が味や香りの感想です。

一応補足しておきますと、どの出汁も美味しい昆布出汁です。不味いということはありませんでした。そして、違いは非常に微細でした。積極的に意識しなければ、違いがわからないくらいです。しかし、注意深くみれば傾向の違いあったと言えます。

せっかくなら、美味しい出汁をとれるものが分かるといいですし、それは共有していきたいところ。

今回の実験での総括としては、繊維に沿って縦に切って出した3番目の出汁が一番美味しくバランスがよかったと思われます、

ちなみに、粉末タイプはお茶パックの中でネトネトになっていましたので、お茶パックに入れずにジャンピングさせて煮出したら、口当たりや味はまた違ったかもしれません。

今回は以上としますが、昆布の種類、水出しや温度、ローストしてから出すなど、ほかにも比べるべき対象があります。今後とも続けていって、データをストックしていければいいなと思いました。

-だしについて

執筆者:

関連記事

めんつゆバカ一代 5

そういえば、鰹節と昆布だけの一番基本のめんつゆを作っていませんでした。 いかんいかん。 基本がなくては応用もない。 今日は気を新たに、めんつゆを作ります。 ということで、材料です。 利尻昆布15g …

【時短】自家製だしパックのススメ

忙しい現代人。手間のかかる出汁なんかいちいち毎日取ってられるかー、というのが正直なところ。 顆粒だしを使えば、簡単にそれっぽく出来ちゃいますし、なんなら、冷凍食品やお惣菜を買って来てレンジでチンすれば …

しいたけ出汁をひとさじ、3D出汁へ

今日は、しいたけ出汁が加わったときの出汁のイメージを図解してみようと思います。どういうことか、まあまあ、さっそくはじめて見ましょう。 まずは、塩を点と仮定したとします。 ここに醤油や味噌といった調味料 …

【罪なうまさ】鴨汁そば

今日は、そばつゆ作り。 レシピを忘れないためにも、先日の蕎麦つゆマスターの講座の内容を反復してみました。 みなさんもぜひ、自宅で作ってみましょう。 かなり店の味が出来上がること間違いなし! &nbsp …

ポン酢を仕込む 〜橙バージョン〜

突然ですが、「ポン酢」の語源ってご存知ですか? 実は、オランダ後の「pons」から来ています。なにー?ポンのお酢じゃないのかい〜〜。っと思っちゃいますね。 ponsは、柑橘類のことを意味するようで、江 …

だしと発酵、暮らしに関するヒントをデザインの視点を交えてお届けします。

2021年1月
« 12月    
 123
45678910
11121314151617
18192021222324
25262728293031