だしについて

サケ節は、昆布要らずの凄いやつ

投稿日:

鮭節には、うまみの2大成分が含まれている!

みなさん、鮭節ってご存知ですか?

書いて字のごとく、鮭の節です。

そう、かつお節の鮭バージョンです。

まだあまり知られていないと思いますが、最近あたらしく北海道で開発されたものなんです。

そしてこの節、なんと、イノシン酸とグルタミン酸を両方持っているんです!

「うまみ」の成分について詳しい方ならすぐに分かると思いますが、

かつお節のうまみはイノシン酸、昆布のうまみはグルタミン酸。

動物系の旨味にはグルタミン酸が入っているというイメージがありません!

その何がすごいかといいますと

「うまみの相乗効果」といって、この二つが合わさることで

人間が感じる「うまみ」は爆発的に上昇するのです。

そのため、和食の世界では、かつおと昆布の合わせだしをするのです。

鮭節にはグルタミン酸も入っている、ということは、

つまり、昆布要らず!ということなんです。

ちょっと、聞きました?奥さん!

すごーい!

すごいですねー。たしかに、刺身でサーモンを食べても、なんともいえない旨味を感じますし。

まぐろよりサーモンが好き!という人が多いのも、なるほど、そういことだったのかあ!と妙に納得しました。

ちなみに、醤油のうまみもグルタミン酸。トマトのうまみもグルタミン酸です。

あと、母乳もグルタミン酸です。離乳食に昆布出汁を使うとよく食べてくれるのは

こういう理由があったのですねー。

だしといえば、かつお節ばかりがスポットがあたりますが、イノシン酸だけが主役じゃないのよー!

鮭節開発の裏側

鮭節は、かつお節や煮干しなど、長い歴史の中で経験を重ねて受け継がれて完成していったというよりは

一生懸命研究して作られました。

歴史は浅く、平成22年度北海道新技術・新製品開発賞で賞を取って初めて世に知れました。

もともと、産卵期を迎えた鮭は、筋肉に含まれる脂肪分がイクラのほうに移っていき、身は美味しくない

ということで、捕獲された鮭は肥料にされたり利用価値の低いものとして扱われていました。

この資源がもったいない、何かに使えないかと考えたところ、

節類を作るときは、魚に脂がのっていないほうが良いということを知った

「のりとも朝倉商店」の朝倉奉文氏がリーダーとなって

試行錯誤して作られたと言います。

東京にも流通するようになって、まだ数年しか経ちませんが、かつおの漁獲高が減って行くニュースが流れる昨今、

将来有望なだし素材になるかもしれませんよ!

-だしについて

執筆者:

関連記事

干し椎茸の出汁のコツ

干し椎茸は水出しが基本 さて、本日は干し椎茸です。カツオや昆布と比べると、少し印象は薄いですが 旨みに奥行きを与えてくれるとってもナイスな素材ですので、覚えておきましょう。 干し椎茸は、生椎茸にはない …

めんつゆバカ一代 3

いやー、毎日暑いですね。 こう暑いとお昼はさっぱり冷たい麺類がいいですね。 となると、めんつゆ野郎の魂に火がつきます。 えー、今日は、いりこでめんつゆ作ります。 1リットルの水に、片手一掴みのいりこと …

【男の料理】煮干しメシを炊こう

みなさん、男の料理というと、どんなイメージをお持ちですか? おそらく、「簡単」「豪快」「適当」なんていうのが大体のイメージなんじゃないでしょうか。 チャーハンを強火でジャジャジャって炒める、みたいなの …

白だしでざるうどん

最近、白だしっていうものをスーパーで良く見かけます。 醤油っぽい濃さがなく、出汁が効いてる感じでちょっと野暮ったくない感じが良いのかな? 白だしっていう定義はあんまりない気がするのですが、淡口醤油や白 …

【検証】水の硬度による出汁の出方の違い 〜こんぶ〜

今回は、水の硬度の違いによって、おなじ素材で出汁の出方がどう変わるかの実験をしてみたいと思います。 用意したのは、4種類のお水。 硬度の低い順に ●鹿児島の温泉水 ●南アルプスの天然水 ●エビアン ● …

だしと発酵、暮らしに関するヒントをデザインの視点を交えてお届けします。

2020年1月
« 12月    
 12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728293031