だしと発酵、暮らしとデザイン

丁寧で本物の日本の次世代の食生活を提案する、ライフスタイルWEBマガジン

発酵を考える

腐ってないのに「豆腐」?

投稿日:

今日のテーマは豆腐です。

「豆腐」を漢字だけを見ると、「豆」が「腐る」と書きますので、あれ、なんで?って思っちゃいますよね。

むしろ腐った豆なら、納豆のほうじゃない?と思っちゃいます。

豆を四角い箱に納めるなら、納豆が豆腐で、豆腐が納豆なんじゃないの??あれ?あれれ???

と、気になって調べてみたところ、実は字の意味が違っていました。

豆腐は豆腐でよかったのです!

豆腐の腐は腐るの腐じゃなかった

いきなり、志布志市志布志町みたいなタイトルとなってしまいましたが、

「腐」という字は中国語では

「プヨプヨした柔らかいもの」を意味するんだそうです!

「腐」という漢字は、「府」と「肉」で出来ていますが、「府」という漢字はもともとは「庫」という字だったそうで、

狩りで仕留めた獣の「肉」を「庫」で保存して、死後硬直で堅くなった肉を、柔らかくなるまで置いておいたそうで

その状態を「腐」と書くことになり、

やがて肉に限らず、こういったプヨプヨした状態のものを「腐」と呼ぶことになっていったみたいなんです。

お豆腐、プヨプヨしてますものね。

ちなみに、中国ではヨーグルトのことは「乳腐」と書いたりするみたいです。なるほど。

日本で流行りの?「腐女子」はプヨプヨした女の子ってことになりますね。(笑)

そうなると、今度は、納豆の語源は何だろうと気になりますが、

こちらは、お寺の「納所」で作られた豆なので「納豆」とする説や、

藁に納めていた豆だから「納豆」とする説や、

将軍様に納めていた豆だから「納豆」とする説など諸説あるようです。

いずれにしても、豆を腐らせるということで生まれた言葉ではないようです。

つまり、豆腐は豆腐で、納豆は納豆でよかったのです。

なるほどねー。

毎月12日と10月2日は豆腐の日!

なんにでもなんとかの日というのがありますが、豆腐の日というのがありました。

日本豆腐協会によって定められたそうで10(とう)2(ふ)の語呂合わせで

12日は豆腐の日なんだそうです。

あと、同じ理由で10月2日も豆腐の日なんだそうです。10月は豆腐の日が2回あるんだね。覚えときましょう。

ちなみに、7月10日は納豆の日、10月10日は銭湯の日、11月22日は良い夫婦の日、

もう日本人ったら、語呂合わせばっかり好きなんだから…

毎月12日は豆腐が安くなったりするのかな。

今度、スーパーを覗いてみようと思います。

常温保存可能な豆腐が誕生する?

豆腐って、冷蔵後に保存しますよね。豆腐が腐ったら、本当に書いて字のごとくの豆腐になっちゃいますものね。

しかし最近、厚生労働省の「豆腐の規格基準改正について」によると昭和49年に定められた規格基準当時から

技術の進歩に伴い、「無菌充填豆腐」という雑菌が除去された豆腐が作られるようになり、

常温でも長期保存できるようになったため、規格を改正しようという動きになっています。

すでに海外に輸出されている豆腐はこの常温豆腐が出回っているようで

日本では出回っていないというのが現状だそうです。

まあ、豆腐、食べたければいつでもスーパーに行けば買えますので、そんなに長期保存したいって願望が生まれないので

どこまで日本で定着するかわかりませんが、保存食として豆腐があれば、災害時の炊き出しに豆腐のお味噌汁が作れるかもしれませんね。

-発酵を考える

執筆者:

関連記事

ぬか漬けDays 〜キウイ・リターンズ

先日大失敗に終わったキウイのぬか漬け。 もうやるまいと思っていた矢先、出汁友の鎌倉の李さんから 「皮ごと漬けてみたら?」 とコメント頂きました。 え、??? そういうもんかしら。。。。。 若干、困惑し …

ぬか漬けDays 〜白瓜

ぬか漬けが美味しい季節になりました。 我が家のぬか床も菌が元気で絶好調!毎朝毎晩せっせとこねています。 去年までは、冷蔵庫の中でタッパーに入れた小さなぬか床でしたが、 お正月に叔母のうちで数十年使い続 …

【自然な甘さ】麹と小豆だけであんこ作り

今回は麹のデンプンを糖に分解する酵素の力を借りて、砂糖を使わずに小豆をあんこにします。 用意するもの ●あずき:200グラム ●米麹:200グラム ●塩:ひとつまみ えらいシンプルです。 まずは小豆を …

ぬか漬けDays 〜冬瓜

本日のぬか漬けは、冬瓜です。 夏が旬のこの野菜、名前の由来は、確か、冬まで日持ちするから冬瓜だとかなんとか・・・ まあ、そんなトリビアはさておき、冬瓜。出汁野郎としては、やっぱり煮物にするのが一番でし …

【ストイックすぎる】白しょうゆの匠

だしソムリエ醸造ツアー、後半の白しょうゆ醸造見学で聞いたこと、感じたことをまとめます。   白しょうゆ。関東圏ではあまりなじみがありませんが、濃口しょうゆとか薄口しょうゆとか、しょうゆのジャ …

だしと発酵、暮らしに関するヒントをデザインの視点を交えてお届けします。

2022年5月
« 12月    
 1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
3031