だしと発酵、暮らしとデザイン

丁寧で本物の日本の次世代の食生活を提案する、ライフスタイルWEBマガジン

発酵を考える 丁寧に暮らす

ぬか漬けDays 〜プチトマト

投稿日:

気候も暖かくなって、糠漬けの旬、絶賛進行中。

我が家もせっせと糠漬けを作り続けています。

どうやら、聞いた話では、ヨーグルトに代表される動物性乳酸菌よりも、この糠漬けの植物性乳酸菌の方が、体にいいみたいですね。

ヨーグルトは、純粋培養された菌なので、優等生のモヤシっ子。特定の環境ではとても強いですが、環境が変わるとすぐに死んじゃうんだって。一方、植物性乳酸菌の糠漬けは、日々いろんな雑菌との闘いを勝ち抜いて来ているので、ちょっとやそっとではやられない強いやつ。タタキ上げの実力者といった感じでしょうか。

うむうむ。そんな話を聞くと、ますます糠漬けLOVEが止まらない。

 

さて、今日は、トマトの糠漬けがイケてるらしいという情報を得たので、さっそく試してみましょう。

 

じゃじゃん。プチトマト、ぜんぶ行っちゃいましょう

よく洗って、ヘタをとります。

早く漬かるように、爪楊枝で穴を1つあけます。

 

いざ、ぬか床へ投入!

おお!!なかなか見ないビジュアルだ。

いけ!トマトよ!漬かるのだー。

 

 

漬けること2日。

トマトは皮があついので、漬かるまでに時間がかかるんだそうです。

2日経ちました。じゃじゃーん。

おお。少し水分が抜けて、ちょっとしたセミドライトマトのような状態に。

しかし、この2日間に、ぬか床を朝晩こねる作業もしていたため、

プチトマトは四方八方に広がり、宝探し状態に。

たぶん、まだ見つかっていないトマトが数個居る気がする。

明らかに少ないもの。

 

そして、爪楊枝であけた穴から中身が出て、崩壊しているボディもいくつか。なかなかキレイに漬けるのは難しいですね。ぬか床に水もたまりやすいし。これはかなり上級者向けの素材だと思います。

 

糠を洗って、いざ、実食。

 

パクリ。

 

おおおおお!これは美味しい〜〜!

家族にも好評。

 

なんというか漬け物というよりは、旨味と甘みが凝縮して、セミドライトマトを食べている感覚に近い!塩分によって余分な水分が出て、味が凝縮したみたい。セミドライトマトって買うと高いから、これはいい方法かもしれない。

パスタやリゾットなど洋食にも合いそう。オリーブオイルをかけたくなりました。

 

今度は大きなトマトでやってみようと思ったのでした。

 

つづく。

 

 

 

-発酵を考える, 丁寧に暮らす

執筆者:

関連記事

原木しいたけを想う

みなさんは原木しいたけと聞いてどんなことを思いますか? 普段そんなことを気にしたことはないと思いますが、実に魅力的なストーリーが詰まっている食材でもあるのです。   そもそもは高級食材であった いまで …

醤油を見極める

今日は、渋谷のヒカリエで行われていた「良い食品博覧会」の食の語り部のチョーコー醤油さんの講座に参加してきました。 醤油の原料である大豆に関してのお話をメインに興味深い話を聞きました! 醤油の原料といえ …

デザインを解剖 〜送水口 2

送水口博物館にて、深〜い世界をたっぷり堪能 えーと、このサイトは「だし」と「発酵」がメインなのですが、 先日、送水口の記事を書いたら、だしや発酵よりも面白い!という反響が多く、どうしたもんかと思いなが …

ぬか漬けDays 〜新玉ねぎ

さて、ひさしぶりに、ぬか漬けシリーズ。 ぬか漬けは冬はちょっと控えめになってしまいがちですが、春の陽気にあわせてぬか床も元気になってきますので、少しづつ加速していきましょう。   春になり、 …

ぬか漬けDays 〜柿

最近、ええ?っていうものばかりぬか漬けにしていて、なんだか体を張って笑いをとる若手の芸人みたいになってしまっていますが、 いたって真面目に取り組んでおります。(まあ多少はおふざけもありますが) という …

だしと発酵、暮らしに関するヒントをデザインの視点を交えてお届けします。

2022年12月
« 12月    
 1234
567891011
12131415161718
19202122232425
262728293031