だしと発酵、暮らしとデザイン

丁寧で本物の日本の次世代の食生活を提案する、ライフスタイルWEBマガジン

発酵を考える

ぬか漬けDays 〜冬瓜

投稿日:

本日のぬか漬けは、冬瓜です。

夏が旬のこの野菜、名前の由来は、確か、冬まで日持ちするから冬瓜だとかなんとか・・・

まあ、そんなトリビアはさておき、冬瓜。出汁野郎としては、やっぱり煮物にするのが一番でして、和風あんかけにしたりすると最高なんですよね。そもそも冬瓜自体にはあんまり味というかそういうのはないので、出汁を吸ってもらうベースの役者というふうに思っていました。お麩とか、高野豆腐とかと同じ部類の野菜版。

さて、今年はぬか漬けに参戦してもらいましょう。前回、瓜系のぬか漬けでゴーヤが失敗しましたので、今回は成功させたい。

どうなるかなー。

いざいくぜ!

 

じゃじゃん。ラグビーボールよりちょっと小さいくらいのずっしり重たい身が詰まった感じのする冬瓜をゲットしました。

まずは、一思いに一刀両断!うん。詰まってます。中の種を取り除いて皮を剥きます。

ふと、ここで、ネットで調べたら、この時期の冬瓜の皮は柔らかくて、皮も食べられるとかなんとか書いてあったので、ほんとか?と思いながらも、1片は皮付きのままにしました。

粗塩で揉み込んで、10分放置、余分な水分を出し、キッチンペーパーでふきとります。

いざ、ぬか床へ!

あ、なんだかんだ、失敗したら嫌なので、漬けるのはこの2片だけにしました。

右下の白いやつは、ぬか床の余分な水分をあつめられる魔法の壷です。これ、かなり便利です。

さて、24時間後・・・

冬瓜はうっすら半透明になり、柔らかくなっていました。まるで茹でたような感じです。ちょっと漬けすぎたかな?

さてさて、お味はいかに。

まずは皮付きを少しだけ切って食べてみました。

 

ゴリゴリゴリ。。

 

ペッペッ!なんじゃこりゃ。皮、堅くて食べられたもんじゃない!

あーダメダメ。全然無理っす。

もう、またネットの情報に踊らされたわ。

ということで、写真を撮る間もなく、皮はむいて捨て去りました。

んで、改めて気を取り直して、中身の漬け物をいただきます。

 

シャクシャク。

 

 

ほほーーーー。

んーーーーーー。。。。。

65点。

 

まずですね、やはり、この冬瓜。出汁を吸うベース野菜だけに、糠汁をよく吸っているんです。はい。

とにかく噛むと口の中にジュワッと広がりまくる糠ジュース。これ、好きな人は好きかもしれんのですが、たぶん、かなり玄人向け。食感は、アップルパイのアップルをちょっと固めにした感じです。想像つくでしょうか。

栄養的には、こんだけ糠汁を口一杯に飲まされるわけですから、乳酸菌たっぷり摂取ということで、きっと体にはいい予感。しかし、やっぱり、このジューシーすぎる糠汁は、なんというか、食べる人を選ぶなあ。。自分の家の糠床だから、まあ愛情もあるし気にならないけど、人の家のやつだったら、ちょっと厳しいかもなあ。なんというかほら、知らない人が素手で握ったおはぎを食べるのにちょっと抵抗があるのと同じ感覚?わかるかなあ。いろいろ人を選ぶ感じがします。,

あ、でも糠汁がめっちゃいい状態で美味しければ、必然的にこの漬け物もめっちゃ美味しいかもなあ。ということで、野菜に罪はなくて、ぬか床のクオリティにかなり左右される漬け物と思われます。

ということで、65点ということになりました。

(って、つまり、我が家のぬか床のクオリティが65点ってことでもあるのかな。うぐぐ。もうちょっとがんばらないと。。)

 

しかしまあ、こうして、いろいろ瓜系を漬けてきましたが、

改めてキュウリがメジャーになる理由も分かった気がします。

やっぱり、キュウリの密度と食感と香りと味の感じは、他の追随を許さないね。

やっぱ、キュウリが美味しいよ。うん。

と、散々やって、基本に戻る気がしました。

 

野菜にはそれぞれの得意分野があって、それぞれを一番おいしく食べる食べ方ってのがあるんだよねえ。

毎度毎度、勉強になりました。

 

しかし、野菜って結構たくさん種類あるよなあ。まだまだ漬けるべきものは沢山あるなあ。

 

このブログもまだまだ続くねー。

 

んでは、また。

-発酵を考える

執筆者:

関連記事

【口の中は交響曲】自家製キムチの魅力

キムチ。 美味しいですよね。焼肉屋さんでは欠かせないですし、日常でも豚キムチとか、キムチ鍋とか、なんだかんだ馴染み深いものがあります。 今回、鎌倉の出汁友のLEEさんのお誘いで、キムチ作りのワークショ …

醤油はイスラム圏では売っちゃいけない?

今日のテーマは、醤油です。 いまや世界中で愛される醤油ですが、イスラム圏ではハラール認証された醤油しか売ってはいけないんです。なぜかといいますと、イスラム圏ではアルコールは宗教上の理由で禁忌となってい …

醤油を見極める

今日は、渋谷のヒカリエで行われていた「良い食品博覧会」の食の語り部のチョーコー醤油さんの講座に参加してきました。 醤油の原料である大豆に関してのお話をメインに興味深い話を聞きました! 醤油の原料といえ …

日本の発酵茶を楽しむ

日本のお茶といえば緑茶ですが、ある一部の地域では後発酵茶というジャンルのお茶が生産されています。いわゆるプーアル茶に近いお茶で「黒茶」といわれている類のものになります。菌による発酵がされているお茶なの …

玄米を美味しく炊きたい 2

さて、玄米を美味しく炊く挑戦シリーズ2回目の記事です。   前回、玄米が美味しくない理由として「匂い」「食感」「味わい」の三点をあげました。 「匂い」に関しては、炊くときに塩と酒を入れると糠 …

だしと発酵、暮らしに関するヒントをデザインの視点を交えてお届けします。

2022年12月
« 12月    
 1234
567891011
12131415161718
19202122232425
262728293031