だしについて 発酵を考える 丁寧に暮らす

2018年、出汁への愛を語る

投稿日:

大晦日の今日、無事に年越しそばも堪能し、最後まで濃い出汁の一年でした。

せっかくなので、一年を総括してみようと思います。

 

思えば、出汁なんて、日本人なら誰しも慣れ親しんだ味わいですが、

手軽な顆粒出汁やめんつゆ商品のおかげで手軽に出汁風の味わいが得られるようになった反面、

本当の出汁を引くおいしさを味わう機会が家庭から失われてしまったような気がします。

そもそも、どうやって出汁をとったらいいのかもわからなくなってしまいました。

そんなところから興味を持ち始めた「出汁」ですが、

学べば学ぶほど奥深く、また、茶道やコーヒー文化のような「道」を感じるような凜とした世界観も感じ、

テロワール、文化、歴史、風土、様々な要因が複雑に絡み合って、成り立っていることに感銘を受けました。

まだまだ学ぶことが幾らでもあり、それでいて、自分らしさを表現することも可能な自由度の高い出汁の可能性に未来を感じました。

ますます、より多くの人にこの素晴らしさを伝えたくなりました。

 

今年はこのブログサイトを立ち上げ、様々な人から反応をいただき、

また、だしソムリエを通して、同じ価値観を共有できるたくさんの出汁友達ができました。

全国各地でそれぞれの活動をされていて、とても刺激を受けました。

出会えたみなさん、ありがとうございました。

 

 

個人的には、現代人のライフスタイルには、まだまだ本物の出汁を取り入れる余地があるんじゃないかという思いが強くあります。

いかに、手軽に本物を味わえるか、

面倒臭がり屋の現代人でも続けられる、サスティナブルな出汁ライフを提案していけたらいいなと

そんな思いを強くした1年でした。

私のブログでは、いまのところ、手間のかかる面倒なライフスタイルばかりではありますが、

それはそれで、啓蒙しつつ次の提案へと進んでいけるといいなと思いました。

 

2019年、さらに出汁を加速していけるといいなと思っています。

さらに、発酵の方面の勉強もより本格的なところに進んでいこうと思っています。

このサイトのタイトル通り、二軸で行きたいと思っています。

 

そして、最終的には、「ああ、おいしーねぇ」って言い合えるシンプルな世界を目指していきたいと思います。

 

 

どうもありがとうございました。

また来年もよろしくお願いいたします!

良いお年を。

 

-だしについて, 発酵を考える, 丁寧に暮らす

執筆者:

関連記事

発酵食品を喰らう 〜鯖のへしこ〜

さて、今回は東京ではなかなかお目にかからない、郷土料理の発酵食品を食べてみます。 初回は、「へしこ」です。 これは、魚のぬか漬けでして、おもに若狭湾を中心とする日本海側の地域で食べられている発酵食品で …

煮て干すので煮干しだね

今日のテーマは煮干しです。 その名の通り、煮て干すので、煮干しです。関西では「いりこ」と言いますね。 主にカタクチイワシを煮て干したものが一般的な煮干しのイメージですが、マイワシやウルメイワシ、トビウ …

ぬか漬けDays 〜ズッキーニ

野菜が美味しい季節になりました。 このあいだの冬は随分と野菜も値上がりして大変でしたが、もう、いまは値段も平年に戻りましたね。よかったよかった。   さて、今日は旬のズッキーニを漬けてみます …

菌のイメージ

人に良いものは発酵、悪いものは腐敗。

発酵とはなんでしょう 漠然と、ヨーグルトだの納豆だのキムチだのと思い浮かべると思いますが、 実は、発酵も腐敗もメカニズムは同じです。 違いは人間にとって有益なものか、そうでないか。 だから、お風呂の赤 …

関東大震災と昆布

今日は、昆布のトリビア話。   もともと東京には昆布で出汁を取るという文化はありませんでした。 これは、流通の関係だったり、利根川水系の水質の問題だったり、濃い味好きの江戸っ子の問題だったり …

だしと発酵、暮らしに関するヒントをデザインの視点を交えてお届けします。

2019年9月
« 8月    
 1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
30