だしと発酵、暮らしとデザイン

丁寧で本物の日本の次世代の食生活を提案する、ライフスタイルWEBマガジン

発酵を考える 丁寧に暮らす

ぬか漬けDays 〜ズッキーニ

投稿日:

野菜が美味しい季節になりました。

このあいだの冬は随分と野菜も値上がりして大変でしたが、もう、いまは値段も平年に戻りましたね。よかったよかった。

 

さて、今日は旬のズッキーニを漬けてみます。

 

ズッキーニ、いつ頃から日本に定着しましたっけ。なんだか舶来なネーミングですし、子供の頃には食卓に並んでいた記憶は無いのですが、高校生くらいの時から少しづつ加わってきた気がします。初めて食べたときは、ナスともキュウリともいえない微妙な食感がなんとも気になったものですが、いまは大好きになりました。オリーブオイルでソテーするのが好きです。スーパーでも、今の時期はけっこう安くて立派なズッキーニが買えますね。すっかり日本に定着したみたい。はたして、日本の糠漬けに合うかしら、さっそくやってみましょう。

 

まるまる太ってツヤとハリのあるズッキーニを、水洗いして、布巾でふいたら、軽く塩をしてまな板の上でズリズリします。

今回は半分に切らずに、まるのまま漬けてみようと思います。

いざ、マイ・ラブリー・ぬか床へ。

おいしくなーれ。

丸のままなので24時間つけ込みました。

 

24時間後・・・

 

取り出しました。

萎んだりすることはなく、ハリが残っていました。もちろん、漬かったおかげで曲げるとクネクネするくらいにはなっていました。

色は鮮やかなグリーンのままでしたので、遠目には漬け物と分からないかもしれません。

さっそく、輪切りにして食べましょう。

どれどれ。

 

 

感想

ほほう。。。。

ありかなしか、で言えば、あり、だけれど、、、

そこまで感動も変化もなくて、想定の範囲内かなあ。。。

あえて、旬の新鮮な時期のズッキーニを漬ける必要があるかと言われると、「?」な感じ。

まずくはないんですよ、はい。

でも、他にもっと美味しい料理の仕方がありそう。。。

みたいな感想を持ちました。

 

なかなか、難しいもんですね〜。

でも、半分に切ってから漬けたりするとまた違っていたのかもしれないなあ。

もう一度どこかのタイミングでやってみるかなあ。

 

 

p.s.

我が家のぬか床は常温で保管して、せっせと世話をしているのですが、ここ最近はかなり乳酸菌が元気になっているみたいで、また、産膜酵母と酪酸菌のバランスもうまく働いているようで、酸っぱいだけじゃない、独特のチーズのようなコクのある香りがするようになりました。

これを臭いと取るか、芳しいととるかは、きっと人それぞれ。

でも、我が家だけの味があるってのは、この現代社会で、素敵なことだと思っています。

 

-発酵を考える, 丁寧に暮らす

執筆者:

関連記事

だしを濾す方法は何が良い? 2

みさなん、出汁取ってますか? 最近すっかり暑くなってきて、なかなか台所に立っているのも大変になってきました。 おだしを濾す作業も、楽しいのですが、手間といえば手間。そんなときに、今回は、ご家庭のデイリ …

醤油にも一番搾りがあった

一番搾りというと、某ビールを思い浮かべますが、醤油にも一番搾りがありました。 そもそも醤油ってどうやって作るかを簡単に言いますと、大豆と麦と麹を塩水で寝かせて発酵させて、布で搾った液が醤油です。 つま …

あの味を家でも再現したいなぁ その3

えー、本日の再現料理は、宮崎の郷土料理、「冷や汁」です。 以前、麻布十番に「まとや」という宮崎料理専門店がありまして、味と雰囲気が気に入ってよく行っていました。いまは、その店舗はなくなってしまったので …

冷やし中華のタレを作るのは意外と簡単

残暑が堪える今日この頃ですが、こんな暑い日のお昼ご飯といえば、素麺か冷やし中華ですね。 今日は冷やし中華のタレを作ってみましょう。意外と簡単ですよ。   用意するものは、 ●めんつゆストレー …

発酵食品を喰らう 〜鯖のへしこ〜

さて、今回は東京ではなかなかお目にかからない、郷土料理の発酵食品を食べてみます。 初回は、「へしこ」です。 これは、魚のぬか漬けでして、おもに若狭湾を中心とする日本海側の地域で食べられている発酵食品で …

だしと発酵、暮らしに関するヒントをデザインの視点を交えてお届けします。

2020年10月
« 9月    
 1234
567891011
12131415161718
19202122232425
262728293031