だしと発酵、暮らしとデザイン

丁寧で本物の日本の次世代の食生活を提案する、ライフスタイルWEBマガジン

だしについて 丁寧に暮らす

あの味を家でも再現したいなぁ その3

投稿日:

えー、本日の再現料理は、宮崎の郷土料理、「冷や汁」です。

以前、麻布十番に「まとや」という宮崎料理専門店がありまして、味と雰囲気が気に入ってよく行っていました。いまは、その店舗はなくなってしまったのですが、そこで締めに食べていた冷や汁が美味しかったですので、再現してみます。(かなり以前なので、記憶が定かではありませんが)

ちなみに、冷や汁とは、要するに、冷たい味噌汁を冷たいご飯にかけて食べる冷製ネコマンマみたいなものなのですが、単なる冷めた味噌汁とは違って、ひと味もふた味も手が込んでいますので、1つの料理としてとっても完成しているように思います。(まあ、いわゆる和食の繊細さはないかもですが、民芸というかそんなかんじで肩肘はらずに美味しく食べられます)

ちょっと手間はかかりましたが、なかなか作るのも楽しかったです。

では行きましょう。

【材料(4人前)】

●鯵の干物 2尾

●木綿豆腐 1丁

●麦味噌 100g

●いりごま 大さじ3

●キュウリ 1本

●みょうが 1つ

●大葉 1束

●出汁:1リットル

●ごはん(雑穀米) お茶碗4杯

ということで、まずは出汁をとりましょう。

冷や汁は、出汁が濃いめに効いたのが美味しいので、強めにします。

水出しした昆布水1リットルに対して、今日は宗田節の厚けずりを30g用意しました。まあ贅沢。

コトコトと煮出しで濃いめに出汁をとります。

いい感じに琥珀色になりました。

すぐにジップロックに入れて、氷水にさらして冷やします。旨味と香りを閉じ込めます。

次に、鯵の干物はは焼いたら、熱いうちに手でほぐします。(これがけっこう面倒な作業)

こんなかんじ

ごまはすり鉢でスリスリ。

ごまをするときは、いつも心が無になるので、良い時間です。

キュウリは薄く切って、塩揉みして水分を抜いておきます

(水分を抜かないと、せっかくの出汁が薄まって水っぽくなってしまいます)

豆腐も一度熱湯に通したあとに、重しをして、水抜きしておきます

面倒でも、こういう一手間を怠らないことが美味しい料理に繋がると信じています。

さらに一手間。

味噌をフライパンで焼いて、焦げ目をつけましょう。

こうすることで、香ばしさが加わり、旨味が凝縮されます。

もうね、いまのところ全ての行程が、美味しい要素しかありません。我ながら、失敗する気がしません。

すり鉢に、すりごま、鯵のほぐし身、焼き味噌、冷蔵庫で冷やしておいた出汁をあわせます。

おお。。

見た目は泥のようですが、味見すると、これだけでも最高にマイウーです。

キュウリ、薬味、手でちぎった豆腐を入れて

完成!

暑くなって来たこの時期におすすめの一品となりました。

この日は、チキン南蛮も作りまして、ちょっとした宮崎ナイト開催。

実は、宮崎県はまだ行ったことないけれど、いつか行きたい県ナンバー3にいつもランクインしています。

再現度はかなり高かったように思います。

とはいえ、やっぱり作るのは面倒が多い。

ネットで調べると、鯖の水煮でも出来るとか書いてあるので、もうちょっとお手軽に出来るかもしれない。

今度は、いかにお手軽にそれなりなものができるかをチャレンジしてみたいと思いました。

-だしについて, 丁寧に暮らす

執筆者:

関連記事

【コラム】うま味は、生き物最期の晴れ舞台だ

生きとし生けるものは、やがて必ずその命を終え、その体は土に帰って行きます。そのプロセスは「発酵」をともない分解されていきますが、同時に、「うま味」という特別な瞬間も作り出しています。   エ …

だしを美味しく引き出す適正温度とは

  美味しい出汁を引くには、適正温度があります。 ただ、人によって言うこともまちまちで、何が正解なのか、分からなくなることがあります。 ぼくが信頼する書籍や料理人からの発言を引用すると、 下 …

【美味しいよ!】昆布嫌い撲滅計画 〜その4

昆布が嫌いな人でも、美味しく昆布を食べられるアイデアを考えるレシピシリーズ第四弾。 今回は、身近にあるポップな食材を昆布とマリアージュして子供から大人まで、誰いでも食べやすい路線を探ってみようと思いま …

枕崎、鰹節をめぐる旅 〜改めて、巻き網と一本釣りの違いを知る〜

さて、少々時間が経ちましたが、先日の枕崎の鰹節作りの見学で見たこと感じたことをまとめていきます。 今回は、巻き網漁で捕られたカツオと一本釣りで捕られたカツオの違いをお伝えします。   以前の …

【時短】自家製だしパックのススメ

忙しい現代人。手間のかかる出汁なんかいちいち毎日取ってられるかー、というのが正直なところ。 顆粒だしを使えば、簡単にそれっぽく出来ちゃいますし、なんなら、冷凍食品やお惣菜を買って来てレンジでチンすれば …

だしと発酵、暮らしに関するヒントをデザインの視点を交えてお届けします。

2021年7月
« 6月    
 1234
567891011
12131415161718
19202122232425
262728293031