だしについて 丁寧に暮らす

【MOTTAINAI】出汁ガラだって食材にしたい 2

投稿日:2019年3月30日 更新日:

 

「出汁ガラ」、その名の通り出がらしですから、味もしないし食感も硬かったりしてイマイチ。

しかし、栄養価は高いし健康にも良い。だから捨てるのはもったいない。

なので、美味しく食べられるならそれは良いこと。しかも、出汁をとった残りカスで、もう一品できてしまうんだからお得感満載。節約にもなります。前回記事では、麻婆豆腐のひき肉のかわりに厚削りの出汁ガラを使いました。しかし、いまいちうまくいかなった反省も踏まえて、新たな料理に挑戦です。

今回は

 

海鮮チヂミ

 

です。

具に使うというよりは、生地に練りこんでいけば、知らず知らずに食べられるという算段です。

なんだか人参嫌いの子供にハンバーグに混ぜて食べさせるみたいなノリに近いですが、時にはそんな騙しも必要かもしれません。

 

では、はじめます。

 

まずは出汁ガラを細かく刻みましょう。

今回の出汁ガラは、昆布、干し椎茸、混合厚削り、旨味三大巨塔のガラたちです。

とにかく細かく刻んでしまいましょう。

そして、小麦粉と片栗粉を合わせて、水と塩を入れて揉み込みます。

ちなみに、取った出汁がちょっと余っていたので、水は少なめにして、出汁も入れて生地を伸ばしました。うん、この時点で美味くなるの確定です。

今回は、強力粉も余っていたので使ってしまいましたので、ちょっと弾力がすごい。

ニラとイカを混ぜ込んで

フライパンで両面をこんがり焼きます。強力粉のせいで薄く綺麗に伸ばせず、形がかなりイマイチになってしまいましたが。。。でも、香りはとても良いです。

こんがり焼けたら、ごま油をひと回しかけて完成となります。

うん。美味しそう。

生地に出汁ガラがたくさん練りこまれていますから、ちょっと色は落ちますが、海鮮の具とあいまって、混合節の魚の香りと、椎茸のほどよい食感が良い。昆布はあまり存在は感じないものの、むしろ存在を感じないということは昆布が嫌いな人でも食べられるということですからむしろOK。

厚削りの食べづらい硬さ感も、カリっと焼いた生地のおかげで全く気になりません。カリっとさせることで、混合節自体の生臭さのようなものも感じません。

ポン酢+ごま油のタレに漬けていただくと、かなり幸せ。

大人から子供まで美味しくいただけます。

簡単なのに、非日常感もある、美味しいし、安く済むし、腹持ちも良い。健康的。良いことづくめ。

キムチを入れたり、さらにアレンジしてもよさそうです。

お好み焼きやたこ焼きなど、粉物に練り込むというのは全般的に良さそうな気がします。

 

ちなみに、以前、ほうれん草のキッシュのパイ生地に厚削りの出汁ガラを練りこんで焼いてみたことがあるのですが、これどうもベーコンやチーズなど洋風の味わいと、かつお節の和風の香りの味わいが、微妙にミスマッチで家族からは不評でした。(私個人としては美味しいと思ったのですが)

ただ、まだ諦めていなく、キッシュもおすすめのレシピを作りたいと思っています。次回はサーモンとキノコをメインにしてやってみようかなと企んでいます。美味しくできたら、記事にしますね。

 

いずれにしましても、出汁ガラを生地に練り込む、というのはオススメです。

出汁ガラの扱いに困ったら、是非トライしてみてください。

 

 

つづく。

 

-だしについて, 丁寧に暮らす

執筆者:

関連記事

2018年、出汁への愛を語る

大晦日の今日、無事に年越しそばも堪能し、最後まで濃い出汁の一年でした。 せっかくなので、一年を総括してみようと思います。   思えば、出汁なんて、日本人なら誰しも慣れ親しんだ味わいですが、 …

なぜ関西は昆布の文化なの?

西の昆布、東の鰹節 東西の食文化の違いはさまざまありますが、だしに関していえば、西の昆布、東の鰹節と言われるほどベースが異なります。(もちろん、関東も関西も鰹と昆布をあわせてより奥行きのあるだしを取り …

栗ごはんは水で炊く?出汁で炊く?

今日は、秋の味覚、栗ごはんです。 栗ごはんって美味しいですよねー!ほのかな甘みとホクホクの歯ごたえ、この時期だけのごちそう。あまり余計なことはしないで素材本来の自然の恵みを味わうのがいいですよね〜。 …

鯛煮干しで「めでたい」出汁を楽しもう

今日は、鯛の煮干しをご紹介。 煮干しというと、多くの方は下記のようなカタクチイワシのものをイメージすると思います。 出典:https://dictionary.goo.ne.jp/jn/167813/ …

タレとつゆの境界はどこにあるのか

「めんつゆ」と言うが「めんタレ」とは言わない、 「うなぎのタレ」と言うが「うなぎのつゆ」とは言わない。 タレとつゆの境界線はどこにあるのだろうか、考えてみようと思う。   まず安易に思いつく …

だしと発酵、暮らしに関するヒントをデザインの視点を交えてお届けします。

2019年6月
« 5月    
 12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930