だしと発酵、暮らしとデザイン

丁寧で本物の日本の次世代の食生活を提案する、ライフスタイルWEBマガジン

だしについて 発酵を考える

出汁を引こう! 〜発酵宗田節

投稿日:

しばし、記事の更新をご無沙汰していましたが、情熱を失ってしまったわけではなく

単純に本業に忙しくしていました。(まだ忙しいけど、現実逃避)

ということで、徒然なる出汁ライフのストックから、記事を書きます。

今日はですね、宗田節の厚削りで出汁をとるのですが、

この節は、濃い出汁が出るので、そばつゆとかめんつゆとかによく使われる素材なんです。

お店だと、鯖節やむろあじ節、イワシ節やさんま節など、いろいろブレンドしてお店のオリジナリティを出しているんですが、

いろいろ節をブレンドすると、まあなんというか、角が取れていくので、バランスが良くなる反面、素材の個性が少々埋もれてしまいます。ウイスキーもシングルモルトが好きな私としては素材はシンプルにやるのが1つの方向性としてありだと思っています。

とはいえ、普通に引いてもつまらないので、以前あごだしでやった手法と同様に、塩麹につけ込んでから煮出すという戦法で行ってみます。

さて、どうなるか!いざ。

今日は、水1リットルに対して、宗田節20g、塩麹30gを入れました。(塩麹、ちょっと入れすぎたかも)

このまま冷蔵庫で2〜3日寝かせてもいいのですが、今日は常温で1日置いておきます。

(これをキッチンの片隅においていたら、奥さんにゴミと間違われて捨てられてしまい、あやうく出汁がなくなるところでした。たしかに生ゴミっぽいビジュアル。急いでゴミ箱から救出に成功しました。あぶないあぶない)

1日経ちました。

カチカチだった厚削りも麹の力によって、しんなりしています。このまま一口食べると、うん!うまい!これだけでもお酒のアテになります。お皿の下にちょっと汁が溜まっていたのですが、ぺろりとなめると、すんごい旨味の効いた塩味に。この汁は汁で調味料として使えそうだなあ。

と、素材に後ろ髪ひかれつつ、出汁とり開始!まずは、一晩冷蔵庫につけておいた昆布水に火を入れます。昆布は全ての基本だな。

昆布水の段階ですでに旨味が出ていますので、磯臭さが出る前に60度で早々に引き上げます

そして、宗田節を投入です!

コトコトコトコト。

厚削りは、弱火でコトコト長めに煮出すのですが、麹パワーのおかげか

けっこう短時間で旨味が出て来ます。3分くらいかな。

火を止めて節が下に沈んだらOK

漉します

しまった、キッチンペーパーだと、麹が繊維の目に入り込んでしまい、目詰まりしてなかなか出汁が落ちていきません。

さらしにすればよかった。。

なかなか落ちない出汁。気長に待ちます。

じゃじゃーん。

引けました。

この塩麹漬けバージョン。塩がすでに効いているので、もうこれだけでスープとして完成してしまっています。

本当は味噌汁を作ろうと思っていたのですが、さらに味噌を足したら、塩分過多になってしまいます。

ということで、今日はお澄ましとなりました。

ということで、こんな感じ。具が豆腐とネギとワカメとしいたけという完全な味噌汁仕様ですが。。。

でも、なかなかどうして、これはこれで美味しい。

味噌汁ってなんていうか、雑味もあるので、田舎臭くなりますが、

お澄ましって、やっぱりちょっと洗練された感じがしますので上品どす。

かつお節ほどの香り高い芳香はありませんが、宗田節の強い旨味と鼻にぬける麹の香り、なんというか、ありそうでなさそうな美味しい出汁です。

しかし、塩麹でつけると、やっぱりしょっぱくなっちゃうから、次は、普通に麹で漬けてやってみようかな。

と思ったのでした。

-だしについて, 発酵を考える

執筆者:

関連記事

ぬか漬けDays 〜ゴーヤ

さて、本日の糠漬けは、ゴーヤです。 野菜のラインナップも世の中すっかり夏になりましたね。   ゴーヤ、糠漬けにするのは初めてです。うまくいくかな。 まあ、瓜科の野菜ですから、キュウリと同じノ …

醤油を見極める

今日は、渋谷のヒカリエで行われていた「良い食品博覧会」の食の語り部のチョーコー醤油さんの講座に参加してきました。 醤油の原料である大豆に関してのお話をメインに興味深い話を聞きました! 醤油の原料といえ …

あの味を家でも再現したいなぁ その2

  今日の再現チャレンジは、「長崎の居酒屋で味わった味噌汁」です。   数年前に、仕事で長崎に伺ったことがあるのですが、もろもろ仕事が終わった最後の夜に市内に戻ってからクライアント …

出汁を引こう! 〜精進だし〜

植物性の旨みをしみじみ味わう精進だし 2回目の出汁の引き方は、精進だしです。 (いきなりマニアックな路線にいきましてすみません。 ) 精進だしとは、精進料理に使われるだしで、動物性の素材を使いません。 …

【コラム】うま味は、生き物最期の晴れ舞台だ

生きとし生けるものは、やがて必ずその命を終え、その体は土に帰って行きます。そのプロセスは「発酵」をともない分解されていきますが、同時に、「うま味」という特別な瞬間も作り出しています。   エ …

だしと発酵、暮らしに関するヒントをデザインの視点を交えてお届けします。

2021年10月
« 9月    
 123
45678910
11121314151617
18192021222324
25262728293031